FC2ブログ
スケルツォ倶楽部 
Club Scherzo
 ⇒ 全記事タイトル All Titlelist


スケルツォ倶楽部 なぜNHKは「ロマンチック」?
なぜNHKは「ロマンチック」なの?
外来音楽用語の表記・発音(の一部 )に違和感あり。


 おはようございます、“スケルツォ倶楽部発起人です。
 前回 話題にした「マーラー 4番の冒頭、そりの鈴は イン・テンポでクロスフェードするで、ハリウッドボウル管弦楽団の指揮者ジョン・マウチェリが書いた「指揮者は何を考えているか 」を紹介させて頂きました。
 本の中で 著者は、これから聴衆に聴かせようとするプログラム楽曲について (指揮者 / プレイヤーは )作曲家が意図したオーセンティシティ Authenticity (真正性 )を 演奏に反映させるべきとの決断を下したら、それがたとえ聴き手や評論家に同意を得られなかったとしても、自分の考えを正当化しようとする覚悟をもたなければならない、というようなことを述べていました。
指揮者は何を考えているか ジョン・マウチェリ著(白水社) ジョン・マウチェリ

 その具体例として、著者マウチェリは 途中で視点を変え、英国の小説家スティーヴンソンが書いた有名な作品の主人公「ジキル博士Dr. Jekyll がどう発音されるべきか、という話題を持ちだします。作者が自身の出身地でもあったスコットランドの古い姓「ジキル」を「ジーキル」と発音していた由来など、ここでは詳細は省略しますが、「あなた 」が言葉のオーセンティシティを深く調べれば調べるほど Jekyll は「ジーキル 」という発音が正しいことを確信することになるのです。
 そんな「あなた 」が、まだ一般には浸透していない「ジーキル 」を使うか否か? 聴衆は聞きなれない発音に違和感をおぼえるかもしれず、評論家からは批判されるかもしれず。それでも「あなた 」は誤解されることを恐れず 原著者が思っていた(と「あなた」が確信するところの)オーセンティックな呼び名を選ぶ決断をするでしょうか? ・・・と、これこそが マウチェリが本の中で述べた 興味深い“ジーキル思考です。

 この話から私 発起人が連想したのは、詩人北原白秋の「ペチカ 」に作曲した山田耕作の楽譜に、正しくは「ペィチカ 」と表記した初期稿が存在した、という伝聞です。
山田耕筰(1920年頃 ) 山田耕作 童謡「ペィチカ」
▲ (左 )山田耕作、(右 )楽譜は池田小百合なっとく童謡・唱歌 事典よりお借りしました。
 
 これを知ってしまった以上、声楽家である「あなた 」は、次からこの童謡を歌うたび、「ペチカ 」と歌うべきか「ペィチカ 」と発声すべきか、意識せざるを得なくなるでしょう。さあ、覚悟を決め、演奏家として自身の信念に従ってください。
日本の詩 小林沙羅(日本コロムビア)cocq-85476
▲ とても自然な「ペィチカ 」が聴けます(小林沙羅盤 )

 ・・・ もし誤解を恐れるほどであれば、「あなた」が 信念に基づく演奏を始める前に、予め聴き手に自己の考えを伝える時間を設ければ、ほぼ円満に済む話ではないかとも思いますが。
バーンスタインとグールド ピアノ協奏曲第1番ニ短調(ブラームス)CBS
 それは、かつてレナード・バーンスタインが、意見の異なるソリストピアノ協奏曲を演奏しなければならなくなった際、コンサートに訪れたニューヨークの聴衆に丁寧なスピーチをしてから プログラムどおりブラームスコンチェルトを始めたと伝わる、そんな素敵な宵のように。


 さて、実は ここまでの文章はすべて前置きです。関連した話題ではありますが、ここから以下が 今日の本文となりますw
 幼い頃から NHKTVFM放送を通して、私 “スケルツォ倶楽部発起人クラシック音楽に深く親しんでまいりました。わが国の公共放送局に対して 私が感じる恩義は 絶大です。
 しかし 今でも時たま感じるのが、外来音楽用語表記発音(ごく一部ですが )に対する、小さな違和感です。

 前々から気になっているのですが、なぜ ブルックナー 第4交響曲 RomanticNHKでは ロマンチック と表記・発音する習慣なのでしょうか?
 「ららら♪クラシック 」でも。「N響ザ・レジェンド 」でも。
 NHK-FM「クラシックカフェ 」で、かすやひろせさんに ろまんちっく などと、強制的に発音させないで頂きたいものです。
ブルックナー ブルックナー_交響曲第4番 変ホ長調「ロマンティック 」ベーム ウィーン・フィル(Decca LONDON )
 だって、少なくとも日本語の接尾に付く「 - チック 」という辞語には たとえば「まんがチック」、「おとめチック」、「メルヘンチック」など、どこか対象を卑小・矮小化させる底力があり、偉大なブルックナー交響曲の 深淵壮大なる世界観に掲げるべきタイトルとして 全然相応しくありません。なら いっそタイトルなど付けず、「第4番 変ホ長調 」のほうが、ずっと潔いです。 
 何も 独語で正しく Die Romantische と発音しろ などと求めているわけではありませんよ。
 民放や一般のレコード会社の表記レヴェルに倣って、せめて ロマンティック にしませんか。

ワーグナー 歌劇「リエンツィ」(ホルライザー)EMI盤
 あ、ついでにワーグナー初期の歌劇 Rienzi リエンツィ ですから。
 リエンチ なんて発音、恥ずかしくて 聞きたくないですよね。

ライプツィヒ 聖トーマス教会
 そのワーグナーJ.S.バッハメンデルスゾーン滝廉太郎にも所縁(ゆかり)の深い地名 Leipzigライプツィヒ 」を まだ「ライプチヒ 」呼ばわりしていませんか、NHKさん。

サラサーテ サラサーテ ツィゴイネルワイゼン EMI
 サラサーテの名曲Zigeunerweisen のイントロが 名曲アルバムの画面から流れてくるので 眺めてみたら 「チゴイナーワイゼン 」 だと(タメイキ )。気持ちワルイでしょ? せめて「ツィゴイネルワイゼン 」、できれば「ツィゴイナーヴァイゼン 」くらいに正せませんか。

 え? これらを 小さな 些細なことですって? 何? どうでもいいことじゃないかって?
 もし平気でそう言えるような人だったら、そんな「あなた」は 音楽文化に愛情を感じてないんじゃありませんか? 音楽が好きですからね。こだわりますよ、ふん(鼻息 )。

マーラー ワルター(CBS-SONY )盤 マーラー 交響曲第1番
 そう言えば、さすがに最近は「治った 」ようですが、かつて私 発起人が 中学生(1970年代後半 )くらいの頃、NHK-FMマーラー交響曲第1番「巨人」これに標題を付けるか否かの議論は さておき )が放送される(それも数少ない貴重な機会でしたが )都度、NHKのアナウンサーは皆 判で押したように 「巨人」を 読売ジャイアンツの球団名と 同じ位置(↑きょじん )にアクセントを置いて読み、それはもう 子ども心にも違和感 満載だったことが忘れられません。さすがに近年は改められたようで、ホント よかった(笑 )。

 NHKには、こういう「些事 」を決める 放送用語委員会なるものが定期的に召集されてるそうですから、次は ぜひ一般の感覚と一致させてください。一日も早くね。お願いしますよ。

 ・・・で、ここから以下は まだ許容範囲内かとも思いますが、ことのついでに言い放つと、そもそも Beethoven が、どうしてNHKだけは 未だに 「ベートーベン なんでしょう。ウ濁音がイケナイとでも言うんでしょうか? 日テレフジTBSも数少ないが 民放クラシック番組では 大体「ベートーヴェン」表記、ちゃんとできていますよ。韓国ドラマくらいなものですよ、何でしたっけ「ベートーベン・ウィルス 」? もちろん観てませんが。
ベートーヴェンDG全集 映画「不滅の恋 」ベートーヴェン ベートーヴェン_弦楽四重奏曲第10番「ハープ 」エロイカ弦楽四重奏団(HM)

 しかし !  にもかかわず、最近NHKクラシック番組で使われた表記から ざっと拾ってみたら、アヴェ・マリア、ヴィヴァルディ、ヴェルディ、ラヴェル、スヴャトスラフ・リヒテル、ホロヴィッツ、シルヴィオ・ヴァルヴィーゾ、そしてパーヴォ・ヤルヴィ・・・ って、おお、どれも V ヴィーって、ちゃんと「ウ濁表記できてるじゃありませんか?
 どうして ベートーヴェン って 表記ひとつ 正せないのかなNHKは?

鶴我裕子 著作
 ・・・ええと、それじゃ ついでに VIOLIN も - NHKは なぜ常にバイオリン なんでしょ? N響ヴァイオリニストだった鶴我裕子さんが ご自分の著書の中では ヴァイオリン と書くべきところを全て バイオリン 」 表記 で徹底しておられる姿勢って、そこに 何かしらに対する抗議の意思さえ感じてしまうのですが、果たして。深読みし過ぎですか?

映画「ヴェニスに死す」 (13)
 そう言えば、 VENICE だって 「ヴェニス 」でしょ? 「ベニス 」でなく。イタリア語表記「ヴェネツィア」に統一しろだなんて 私は言ってるわけではありませんよ。
⇒ “スケルツォ倶楽部” 映画「ヴェニスに死す 」感想の回

ドヴォルザーク Dvorak セゴヴィアの芸術 ワーグナー 楽劇「ヴァルキューレ」第1幕 クナッパーツブッシュ ウィーンフィル(Decca)盤
 Dvořäk も 未だにNHKでは「ドボルザーク 」表記のままですね。
 Andrés Segovia も「セゴビア 」じゃなく もうそろそろ 「セゴヴィア 」が よろしいんじゃないでしょうか。
 Walküre も 「ワルキューレ 」より「ヴァルキューレ 」のほうが・・・ って、まあ まだ このあたりはいいのかな? って、限(きり)がないから 今日はもうこの辺で !
 

↓ 清き一票を
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

クラシックランキング

ジャズランキング
Club Scherzo, since 2010.1.30.

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)