FC2ブログ
   

スケルツォ倶楽部 の メニュー は こちら ⇒ Novel List 
映画のスクリーンに貼りつけられた音楽 ⇒ Novel List   

スケルツォ倶楽部 Club Scherzo

世界から「ビートルズ 」が消えたなら
映画「イエスタデイ 」(日本公開 2019年10月11日 )

イエスタデイ 」日本版 予告編

 今晩は、“スケルツォ倶楽部発起人です。 今日は 新作映画紹介の拡散記事です。
 昨年の「ボヘミアン・ラプソディ 」大ヒットの影響でしょうか、音楽をテーマにしたイギリス映画が また一本。今回は とても興味深い設定、音楽映画でありながら ファンタジーです。

 ある日、目が覚めると世の中は 自分以外 誰ひとりビートルズを知らなかった・・・。“ビートルズのいない世界”で、一人だけビートルズを覚えていた主人公 - 若いシンガーソングライターの青年ジャック(ヒメーシュ・パテル ) ビートルズ・ナンバーを「自作 」と称してスターダムにのし上がろうとする - という映画「イエスタデイ(Yesterday )」。監督 ダニー・ボイル、脚本 リチャード・カーティス、製作会社はワーキング・タイトル・フィルムズ / ユニバーサル・ピクチャーズ、国内配給は東宝東和だそうです。

⇒ 公式サイト

 作品自体を、まだ私 発起人も 観ておりませんので、中身の評価はできません。
 しかし この種のパラレルワールド Parallel WorldなSFストーリー(ある世界=時空から分岐して、並行して存在する別の世界を描く )ドラマ設定は、個人的に大好物。一体どのような仕上がりになっているのか、興味津々です。
⇒ 「世界からベートーヴェンの『チェロ協奏曲 』が消えたなら
 
 尤も - 特にこの種のSFは - 映画にせよ小説にせよ よほどのことがない限り 一回楽しんでしまうと あまり繰り返し観ない/読まない傾向を自覚しております。やはり何事も「感動は最初の一度だけ 」・・・。
 
 そういえば、同じく ビートルズ という偉大な存在をマテリアルとして使ったドラマとして、わが国にも コミック「僕はビートルズ 」(原作 藤井哲夫 / 作画 かわぐちかいじ )という秀作がありましたね(2010年 )。
「僕はビートルズ 」(原作 藤井哲夫 作画 かわぐちかいじ )
 こちらは、現代日本の若者たちが、ビートルズ・デビュー前の時代にタイムスリップし、そこで 様々な葛藤を描きつつも 「自作 」と称して「抱きしめたい 」で メジャーデビューしてしまいます。「イエスタデイ 」も大ヒット(笑 )、本物のビートルズ(になる筈だった英国の4人 )は、極東のバンドが放った音楽のクォリティに自信を喪失し、何と 活動停止してしまう(泣 )というもの。
 このコミック「僕はビートルズ 」のほうは 過去にタイムスリップするという設定でしたが、10月に本邦公開の映画「イエスタデイ」の時代設定は、あくまで現代であるということが、基本的な相違点です。
 
 余計なお世話でしょうが、今日のミュージックシーンが そもそも60年代に築かれたビートルズによる多大な影響下に在るため、もし音楽史から この偉大な存在をすっぽり消してしまった場合の “現代”音楽シーンをいかに描いているのか? とか、またビートルズナンバーはたしかに名曲ではあるけれど、さすがに50年近く前の楽曲を しかも本家でないシンガー剽窃して歌って この “現代”で リアルタイムにヒットする 説得力は? とか、そんなドラマとしてのストーリー展開と 何より結末(落とし前 )を どうつけるのか・・・? とか、などなど それらを含め この10月には どこかのシアターへ足を運べることを 楽しみにしています !


↓ 清き一票を
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

クラシックランキング

ジャズランキング
Club Scherzo, since 2010.1.30.

関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: パラレルワールド

パラレルワールドの概念は、歴史上の「もし ○○だったら 」の可能性を語る場合 ドラマにして表現するのに有効なので SFにおいては重要なキーワードですよね。拙文「モーツァルト 最期の年 」もパラレル要素を加えたファンタジーです(一度 筆を置いたらエンストしてしまい、長らく中断しておりますが )。
grunerwald 様 ご紹介の小松左京氏「戦争はなかった 」は、私“発起人”未読ですが(すみません、機会があったら読みます )小松氏には「果しなき流れの果てに 」という名作もありました。
太平洋戦争を題材にしたパラレルワールドものには 韓国の某作家が書いた「京城・昭和六十二年 碑銘を求めて 」という力作もあります。こちらは「戦争はなかった 」とは真逆の歴史設定で、伊藤博文が暗殺されることなく軍国主義を抑制、併合した韓国の平和的な統治を強化し、さらに帝国日本は米国から満州国の了解を得ることに成功し、北東アジアにおける指導的地位に到達します。第二次大戦でも米国及び英国との間に友好的な中立を守って繁栄を享受、もちろん原爆もありません。そんな1980年代の“持続した大日本帝国”を背景にした物語として興味深いです。

URL | “スケルツォ倶楽部” 発起人 ID:-

パラレルワールド

こんにちは。

はるか昔に小松左京が書いたパラレルワールドの短編に「戦争はなかった」と言うのがありましたね。転んで頭を強打してから以降、会社の同僚や家族からも、かつての戦争の話題を向けると、「何だ、それ?何言ってんだ、お前?」「気でもふれたか?」「ちょっと、家のローンもこれからって時に、変なことを言って不安がらせないで」と白い目で見られる。そんな馬鹿な!焼夷弾や原爆で、何十万もの人間が犠牲になったあの戦争がなかったっとは、どう言うことだ!本当に戦争がなかったパラレルワールドに紛れ込んでしまったのか、或いは戦争はあったけれども、極端な歴史歪曲による思想弾圧社会となってしまっている異空間に闖入してしまったのか。短いけれども、後味の悪さの残る短編でした。当時はそういうブラックジョークなSFがたくさんありましたね。

URL | grunerwald ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)