FC2ブログ
   
スケルツォ倶楽部 
Club Scherzo
 ⇒ 全記事タイトル All Titlelist

View from the Top(部分) (2)
ウィーンの青空に レナード・バーンスタイン
ヒロ・ヤマガタのシルク・スクリーンに登場 !


 こんにちは、“スケルツォ倶楽部発起人です。
 前回は、バーンスタインが残した三つの交響曲を聴き直しました が、今回も 飽きることなく、愛するレニーの話題です(って 気やすくレニー呼ばわりすなーw )。
 
 さて、現代ポップ・アートの成功者 山形博導(1948~ )のシルク・スクリーン版画を どなたもご存知でしょう。
 一般には ヒロ・ヤマガタという呼称のほうがピンとくるかもしれませんね、明るくてわかりやすい画風から大衆的な人気を誇ったアーティストです。80年代後半~90年代には、クリスチャン・ラッセン鈴木英人などと並んで、鮮烈な色彩が印象的な作品群は オフィスやホテル、レストラン、ブティックの店頭など、いろいろな場所で見かけました。いわゆるバブル期には インテリアを扱う家具店から おしゃれな雑貨店、果てはスーパーの催事場を借りた「展示会 」(実体即売会w )に至るまで、従来の美術品や絵画の販売網とは明らかに異なる場所に多く並んでいた、そんな記憶もあります。
 しばしば実在の著名人を その画中に登場させることでも知られ、
USオープン
 たとえば ジャック・ニクラウス(“USオープン”1989年 )や、

プレミア・ショー
 のちにカリフォルニア州知事となる アーノルド・シュワルツネッガー(“プレミエ・ショー”1991年 )とか、

ディズニー・マジック(ヒロ・ヤマガタ画集)
 果てはミッキー・マウス 講談社画集“ディズニー・マジック”表紙 )まで登場。 って、ねずみキャラが「実在の著名人 」なのか(爆 )どうかは さておき・・・

View from The Top (3)
 われらが レナード・バーンスタインの横顔も 1988年に発表された「ヴュー・フロム・ザ・トップ 」と題された、素晴らしい構図の画中に 高く掲げられた看板という形を借りて ウィーンの風景の中に 見事に収まっています。ミッキーと同列なのかと言われたら 心中複雑ですが、どれ クローズ・アップしてみましょう。
View from the Top(部分) バーンスタイン (3) バーンスタイン 
 窓ガラスに反射する光の質感表現も巧みですね。遠くにはシュテッフェルの尖塔やカールス教会のドームと思われる建物の影も小さくみとめられます。この絵はどこかの高層階の部屋の窓から 賑わうウィーンの街を眺めた遠景をイメージしているようです。リングシュトラーセをはさんで きっと国立歌劇場もその辺に在るのでしょう。
 “ヴュー・フロム・ザ・トップ(頂上からの眺め )” - 些か単純ですが、このタイトルからは、音楽の都ウィーンで 世界の“トップ”に立った指揮者、その人気も頂点にあった レナード・バーンスタイン… というふうに 読めなくもありません(って 二重否定の肯定文です )。

 そういえば、このシルクスクリーン版画が発表された1988年 - この年に バーンスタインウィーン・フィルを指揮してマーラー交響曲第6番「悲劇的 」D.G.にレコーディングしていますね。それは 亡くなる僅か 2年前のことです。

バーンスタインの「マーラー第6 」といえば、ニューヨーク・フィルとの第一回録音でも すでに同様でしたが、第一楽章の開始を 快速なテンポできびきびと邁進させることを好みました。隅々まで気合のみなぎる 素晴らしい演奏でしたね。

ヒロ・ヤマガタ全版画集 1976-1993(講談社)ヒロ・ヤマガタ全版画集 1976-1993(講談社)より
ヒロ・ヤマガタ全版画集1976-1993(講談社 )
山形博導の全版画(シルク・スクリーン / リトグラフ )の集大成。
全188作品の材質や製作枚数など詳細に記載された画集。

 その作風から 好き嫌いが分かれるのも致し方ありませんが、スケルツォ倶楽部発起人は 大好きなバーンスタインが画中に現われる、この「ヴュー・フロム・ザ・トップ 」一作だけのために 講談社の画集を買ってしまいました。

額装ポスター View from the Top
 バカが高じて 自宅の玄関にも額装のポスターを飾っております、我ながら単純な小市民(笑 )だなあ。実は 東日本大震災の時に落下して、額の角は割れております。

Hiro Yamagata
 そんなヤマガタ氏は、1978年にロス・アンジェルスへ移住してから 最初の個展で大成功を収め、
エア・ショー
▲ 1983年「エア・ショー」が、レーガン大統領(当時 )が名誉会長を務めていた人類飛行200周年記念財団の公式ポスター作品に選ばれたことで、一躍注目を集めました。

ダイヤモンド・メモリー  Happy Birthday Liberty(自由の女神)
▲ (左から )ダイヤモンド・メモリー (1991年 )、Happy Birthday Liberty 自由の女神(1986年 )

 その後、ロス市観光誘致キャンペーン公式ポスターで その地位を不動のものとし、カルガリー冬季オリンピックソウル・オリンピックの公式ポスター・デザイン、合衆国移民200周年記念ハリウッド200周年祝典フランス革命200年記念など、イベントのポスター制作は数多く、オリンピック委員会からバルセロナ・オリンピックアトランタ100周年オリンピックのそれぞれ公式アート・イメージ制作を依頼されたり・・・
ホワイト・ハウス
▲ さらに1999年には「ホワイトハウス設立200周年」の公式版画制作を委嘱されるなど、異例ともいえる大成功を収めてきました。
 近年では レーザー光線やホログラムを使った先端的な作品も発表するようになり、現在もその活動は精力的だそうです。
金閣寺
金閣寺(1992年 )

↓ 清き一票を
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

クラシックランキング

ジャズランキング
Club Scherzo, since 2010.1.30.

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)