FC2ブログ
本記事は、1月14日 「注目記事ジャズ ランキング 」で 第1位となりました。
皆さまのおかげです、これからも 何卒よろしくお願い申し上げます。

   
スケルツォ倶楽部 Club Scherzo
スティーヴ・ガッド Steve Gadd を讃える。
   
メニュー画面は ⇒ こちら

チック・コリア + スティーヴ・ガッド バンド
チャイニーズ・バタフライ 」 予告編

Chick Corea Steve Gadd Chinese Butterfly スティーヴ・ガッド(アルバム写真より)
収録曲
CD-1
01. チックズ・チャムズ (09:23 ) Chick's Chums
02. セレニティ (06:39 ) Serenity
03. ライク・アイ・ワズ・セイイン' (06:45 ) Like I Was Sayin'
04. ア・スパニッシュ・ソング (08:51 ) A Spanish Song
05. チャイニーズ・バタフライ (11:51 ) Chinese Butterfly
CD-2
01. リターン・トゥ・フォーエヴァー(17:30 ) Return To Forever
02. ウェイク・アップ・コール (18:14 ) Wake-Up Call
03. ガッド・ズークス (16:17 ) Gadd-Zooks

パーソネル
チック・コリア(ピアノ、キーボード ) Chick Corea
スティーヴ・ガッド(ドラムス ) Steve Gadd
リオーネル・ルエケ(ギター、ヴォーカル ) Lionel Loueke
スティーヴ・ウィルソン(サックス、フルート ) Steve Wilson
カリートス・デル・プエルト(ベース ) Carlitos Del Puerto
ルイシート・キンテーロ(パーカッション ) Luisito Quintero


録 音:2017年
音 盤STRETCH ユニバーサル クラシックス&ジャズ(UCCJ-2035/6 )


 "スケルツォ倶楽部"発起人です。
 昨年(2017年)暮れに国内先行リリースされた スティーヴ・ガッド Steve Gadd の注目すべき新譜は、1965年ロチェスターでの週6日ギグで初共演して以来 半世紀もの時間を超え ともに音楽的キャリアを築いてきた盟友チック・コリア Chick Corea との初めての“双頭”名義アルバム“チャイニーズ・バタフライ” Chinese Butterfly。

 お正月休み、この新しいジャズ=フュージョン・アルバムを 時間をかけ じっくりと聴き終えた私、深い余韻に浸りながら 無意識に 手にとった新聞のTV欄を眺めていたら、新春スタート 2018年NHK大河「西郷(せご )どん 」 との記事が。
 そうか、また明治維新か・・・ ぼんやりとそこから連想したのが、幕末 京の薩摩藩邸で西郷隆盛との初対面を果たして神戸村の塾へと戻ってきた維新の志士 坂本龍馬が、迎えに出た勝海舟に“西郷どん”の印象を 「ちょうど大鐘のごとし 」と評したという有名な逸話。
西郷隆盛 坂本龍馬
▲ 西郷隆盛坂本龍馬

 大鐘は「小さく叩けば小さく鳴り、大きく叩けば大きく鳴る 」 ・ ・ ・
 これ、元々は儒教の文言「善く問いを待つ者は鐘を撞(つ )くが如し 」だったそうで、教えを請う者が師に質問する( = 鐘を撞く )場合など、それが的を外した愚問なら それなりの回答しか得られぬものですが、逆によく考え抜かれた末の良い質問だったら(あたかも鐘が大きく鳴るように )しっかりとした答えが返ってくるものだ という、あるべき師弟関係についての譬えだそうです。そう考えれば、これはもはや単に教師と生徒などという関係を超え、人と人とのコミュニケーションにおける基本的な応答の在り方にも当てはまる金言とさえ申せましょう。

 ・・・で、もとい。近年のスティーヴ・ガッド翁のレコーディングを聴くにつけ、かつて若かった頃にはもっと奔放に爆発していたスタッフステップスでのプレイが 最近は鳴りをひそめ、すっかり落ち着いてしまった(ように見える )ことを「ガッドも円熟期に入ったよね 」などと通ぶりながらも 内心は残念がっていた私ですが、この「大鐘のごとし 」の真意に照らし合わせて考えてみるにつけ、実は 神様 = ガッド様の上っ面しか聴いていなかったことを、深く恥じ入り、猛烈に反省する次第なのです(笑 )。
 その答えこそが、チック・コリアが音楽的親交も長い盟友ガッドを 対等なリーダーとして迎えた共作名義アルバム「チャイニーズ・バタフライ 」の素晴らしき成果の中に在ります。
 以下、その詳細を 今回こそ思いきり語らせて頂きます。
 さあ ご一緒に、大鐘が「大きく叩けば大きく鳴る瞬間を 聴きましょう。


続く  チック・コリア + スティーヴ・ガッド バンド
「チャイニーズ・バタフライ 」Chinese Butterfly(2017年



↓ 清き一票を
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
Club Scherzo, since 2010.1.30.




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)