本記事は、1月23日 「人気記事ジャズ ランキング 」 で 第1位となりました。
皆さまのおかげです、これからも 何卒よろしくお願い申し上げます。

   
スケルツォ倶楽部 
Club Scherzo
 ⇒ All Titlelist


アメリカ・ザ・ビューティフル America the Beautiful
Amerika_Jaco Pastorius Twins II (Aurex Jazz Festival 82) トランプ新大統領とオバマ元大統領(ロイター ) American Dreams Charlie Haden Michael Brecker(Verve)

 2017年1月20日、第45代アメリカ大統領には ドナルド・トランプ(70歳 )が就任しました。
 ご存知のとおり、各種報道によれば 就任式直前のトランプ支持率は40% だそうです。前大統領オバマが就任した同時期の支持率が84% だった事実を思い出すと、つい 8年前 人種の壁を超え 初めてアフリカ系の大統領を選出したアメリカの良識が、今 分断されてしまったという印象を やはり強く実感します。

「アメリカのこれまでの成功は、前向きな姿勢や行動、すべての人を受け入れるという建国以来の精神を広げることによってもたらされてきた 」
「私たちの政治は、私たち国民の良識を反映したものであるべきだ 」

(2017年 1月10日、バラク・オバマ公式最後の演説より )


 大統領就任直前のトランプが行った、フォードトヨタなど内外自動車産業大手に対する 恫喝にも似たパフォーマンス的発言など、まだ序の口なのでしょう。
 果たしてこれからトランプ大統領” 就任によって アメリカは、世界は、どうなってゆくのでしょうか。


America the Beautiful
「アメリカ・ザ・ビューティフル 」

(Samuel A. Ward , Katharine Lee Bates )

Oh beautiful, for spacious skies,
For amber waves of grain,
For purple mountain majesties
Above the fruited plain !

  なんと美しいことか、広大なる空、
  琥珀色に波打つ麦の穂、
  紫紅に染まる荘厳な山々、
  豊かに実りある平原の上に!

America ! America !
God shed his grace on thee,
And crown thy good with brotherhood,
From sea to shining sea.

  アメリカ!アメリカ!
  主は、汝に恩恵を与えたもう、
  兄弟愛と善の冠を授けたもう 
  その威光はアメリカ全土へと広がりゆく

  
(和訳:山田 誠 )


☆ この動画には画像はなく 音声のみです。
America, The Dream Goes On _John Williams Boston Pops Orchestra(PHILIPS)
▲ ジョン・ウィリアムズ指揮 ボストン・ポップス・オーケストラ
America The Beautiful - John Williams - Boston Pops
タングルウッド祝祭合唱団(ジョン・オリヴァー 合唱指揮 )
録音:1984年、ボストン

 ジョン・ウィリアムズの、アメリカゆかりの楽曲を集めたアルバム「アメリカ、ドリームズ・ゴーズ・オン 」(PHILIPS 412 627-2 )に収録された、スタンダードな演奏。



▲ アンディ・ウィリアムス
Andy Williams "AMERICA THE BEAUTIFUL"
 1963年11月26日、有名なTVスペシャル "The Andy Williams Show" でのソフトで端正な歌唱が素晴らしい。でもアンディ・ウィリアムスにはめずらしく、最後の “From sea to shining sea ”と歌い締める個所で “sea” を二分音符で伸ばすべきところ、コーラス隊の半分(四分音符 )で“to”を歌い出してしまい、終了後 心なしか悔しそうな表情を一瞬浮かべて下唇をかんでいます。普通なら撮り直しますよね、生放送だったんでしょうか ?
この動画はYouTubeでご覧ください。Watch this video on YouTube. という文字が出ますので、Click してください。
もしくは、この画面右下の「YouTube.com で視聴する 」にカーソルを当て スイッチを押下すると ちゃんと観れます。




▲ レイ・チャールズ Ray Charles 1972年
America the Beautiful. Ray Charles. (1972 )



▲ ザ・ガッド・ギャング The Gadd Gang / Here & Now(1988年 )に収録
スティーヴ・ガッド(ドラムス )Steve Gadd、リチャード・ティー(ピアノ )Richard Tee、エディ・ゴメス(ベース )Eddie Gomez、コーネル・デュプリー(エレクトリック・ギター )Cornell Dupree、ロニー・キューバー(バリトン・サックス )Ronnie Cuber
The Gadd Gang Here Now




▲ ビヨンセ Beyonce 2009年
Beyonce:America the Beautiful Live @ Obama Inaugural Concert, 2008 [HD]
 こちらは 首都ワシントンD.C.リンカーン記念館にて2009年1月に開催された オバマ(前 )大統領就任記念コンサート We Are One: The Obama Inaugural Celebration at the Lincoln Memorial のフィナーレで歌われた「アメリカ・ザ・ビューティフル 」。
 このコンサートにはビヨンセの他、メアリー・J. ブライジ、ジョン・ボン・ジョヴィ、ガース・ブルックス、シェリル・クロウ、ハービー・ハンコック、ピート・シーガー、ブルース・スプリングスティーン、ジェイムズ・テイラー、U2、スティーヴィ・ワンダーらが ライヴ・パフォーマンスに参加、聴衆は40万人を超えたそうです。



▲ ジャコ・パストリアスが1984年のセレクト・ライヴ・アンダー・ザ・スカイギル・エヴァンス・オーケストラの特別ゲストとして加わった、懐かしい伝説的な公演から。
 この貴重な映像をアップしてくださった dorimarcel さん、どうもありがとうございます。
 豪雨の中、すでにミュージシャンは全員 ステージを退いた後です(背後で公演終了を告げるアナウンスが聞こえます )が、ジャコは独りステージに現れ、熱狂的な喝采を浴びながら ベース・ソロで「アメリカ・ザ・ビューティフル 」を演奏(01:56から )。短命だった 天才ジャコの末期を彩る 私たち日本人にとって、これは忘れ得ぬ映像です。繊細なハーモニクスを 何度も決めるプレイは「正気 」。
 しかし、最後の一音で画が止まっているのは 興奮を抑えきれなくなった 狂気のジャコが 自ら肩から外したベースを空中に放り投げ、床に落として壊してしまったから。これにより、ジャコの愛器は使いものにならなくなってしまいました。
Jaco Pastorius-Birthday Concert Amerika_Jaco Pastorius Twins II (Aurex Jazz Festival 82) Amerika_Jaco Pastorius Invitation




▲ チャーリー・ヘイデン & マイケル・ブレッカー
America The Beautiful Charlie Haden with Michael Brecker
2002年5月、LA録音(American Dream 収録 )
 最後に、私 発起人の一番のおススメは コチラ。言い添えるまでもなく インストゥルメンタルですが、とにかくこの名盤「アメリカン・ドリームス 」自体が素晴らしい出来です(このアルバムには ラフマニノフ2番が原曲の “屈指の名旋律ビタースウィート 」も 入ってますよー )。
 34人の弦楽奏者を伴うクァルテット編成(アラン・ブロードベントによるアレンジ )最初にチャーリー・ヘイデン(ベース )が昔語りを始めるかのようにフォーキーな口調でメロディを奏でます。03:41から入ってくるマイケル・ブレッカー(テナー・サックス )のプレイは感動的。ブラッド・メルドー(ピアノ )、ブライアン・ブレイド(ドラムス )が 終始控えめなアシストで 好感度高し。
American Dreams Charlie Haden Michael Brecker(Verve)

アメリカ・ザ・ビューティフル (2)


↓ 清き一票を
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
Club Scherzo, since 2010.1.30.

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)