スケルツォ倶楽部 
Club Scherzo
 ⇒ All Titlelist

上を向いて歩こう_ 坂本九(東芝) Monty Python’s Life Of Brian (2) ビリー・ジョエル「ザ・ストレンジャー 」CBS  
上を向いて歩こう 」に「口笛 」登場の理由
 - 「いつも人生の明るい側(ほう )を見て」。
    Always Look on the Bright Side of Life

 
 先週末の晩のこと、金曜ロードショー(日本テレビ系 )で ジブリ・アニメ映画「コクリコ坂から 」(2011年封切、宮崎吾朗/監督 )の放映に気づき、何気なく チャンネルを合わせました。
映画「コクリコ坂から 」(2011、宮崎吾朗監督 ) (2)
 - 1963(昭和38)年の横浜が舞台となる、爽やかな青春ストーリーを 途中から追いかけるように観ていたら、このドラマの中で 坂本九の名曲「上を向いて歩こう 」(永六輔/作詞、中村八大/作曲 )が挿入歌として 東京オリンピック開催を翌年に控えた 高度経済成長時代のわが国を生き生きと描写する美しい映像の背景に流れており、その効果に思わず耳をそばだてました。

― 上を向いて歩こう、涙がこぼれないように
   泣きながら歩く、ひとりぽっちの夜・・・


上を向いて歩こう_ 坂本九(東芝) 中村八大と永六輔
▲ 坂本 九「上を向いて歩こう 」(東芝レコード )
 (右 )は、中村八大(作曲 )と 永六輔(作詞 )

 この よく知られたトーチ・ソングは、全米ビルボード誌(1963年6月15日付 )で 日本人ミュージシャンの記録としては(今も )唯一となる「週間最高位 」を獲得、同年度年間ランキング第10位にもランクインという 多言無用のヒット・レコードでした。
 曲の間奏と後奏部分で 親しみやすいテーマ・メロディが「口笛 」で登場することは もう皆さまご存知のとおり。その曲調は 明るい長調のメロディにもかかわらず どこか もの寂しい、繊細な「口笛 」の響きに その理由(わけ )があるような気がします。

ビリー・ジョエル「ザ・ストレンジャー 」CBS
▲ ビリー・ジョエル「ザ・ストレンジャー 」(CBS ) 
 ビリー・ジョエルの名盤「ストレンジャー 」The Stranger のテーマ - Eマイナーの哀愁漂うメロディ - は、夜の街に響く孤独な「口笛 」 = 「ひとりぽっちの夜 」と よく似た使われ方です。このテーマは、ラストナンバーである「エヴリバディ・ハズ・ア・ドリーム 」がフェイドアウトした後のエンディングにもひっそりと再登場、コンセプト・アルバムとしての統一感を高めています。
 ちなみに、名プロデューサー フィル・ラモーンによって ビリー・ジョエルは、一作毎に明確なモティーフを持ったアルバム制作に努めるようになり、成功してきました。最高傑作である「ストレンジャー 」と「ニューヨーク52番街 」の二傑は、いずれも 都会に暮らす者の日常と孤独が共通のテーマであるように思われますが、前者の主人公が都会育ち(都会が日常空間 )であるのに対し、後者の主人公は 故郷を去って都会へ流れてきた田舎者(人種的にもマイノリティで 都会は非日常的な空間 ) - という そこに決定的な差異があります。付け加えると、後者「52番街 」の主人公のほうが 遠く故郷を離れて流れついた過去を背負っている分だけ「ストレンジャー 」としての疎外感はさらに深いものがあります。
 
Ennio Morricone Morricone Per qualche dollaro in più Morricone Per un pugno di dollari
▲ エンニオ・モリコーネ 映画「夕陽のガンマン 」、「荒野の用心棒
 「ストレンジャー 」から連想できるイメージといえば、名匠エンニオ・モリコーネが その若き日に音楽を担当した、1965年公開の映画「夕陽のガンマン」Per qualche dollaro in più や 翌年公開の「荒野の用心棒」Per un pugno di dollari - あの有名なサウンドトラックにおいて 若きクリント・イーストウッドの演じる主人公“名も無き流れ者のガンマン”のテーマが、まさしく 彷徨(さすら )う「口笛 」であったことは、決して偶然ではないと思います。

Leonard Bernstein (2) バーンスタイン_ミュージカル映画「ウェストサイドストーリー 」サウンドトラック(CBS)
▲ バーンスタイン:ミュージカル映画「ウェストサイド・ストーリー
 1961年に映画化された、レナード・バーンスタインによる世紀の傑作ミュージカル「ウェストサイド・ストーリー 」 - 冒頭「序曲 」に注目すると、その音楽は一人の不良少年の「口笛 」によって始まります(尚、オリジナル・ブロードウェイ版「プロローグ 」では この効果は聴かれません )。不幸な家庭環境に生まれたことを口実に 社会に適応しようとせず、大人に反発するだけの未熟な若者らの共同体でもあるジェッツのメンバーが、その仲間同士で呼び合う「信号 」「符牒 」として 孤独な「口笛 」を使っていたことは、正に象徴的です。

John Lennon Imagine Jealous Guy_John Lennon_ EAS-17133
▲ ジョン・レノン:ジェラス・ガイ Jealous Guy
 もし一人の女性を一途に愛せたなら 男は幸せであるはずなのに、同時に相手の女性への愛情が歪んだ形で 嫉妬心や猜疑心になって現れることがあります。心の弱さの問題として片づけられがちですが、この感情に苦しむ男の「心の孤独 」が、ここでは消えそうな「口笛 」によって表現されます。
 アルバム「イマジン 」A面3曲目に収録された メロディアスな作品「ジェラス・ガイ 」は、そんな内面の感情を敢えて告白した上、自己の弱さを「歌 」に昇華させ 克服するまでのジョン自身の姿まで想像させます。それゆえシンプルな作品にもかかわらず これほど感動的なのでしょう。

松任谷由実 悲しいほどお天気 Clair Gilbert oSullivan
▲ (左 )松任谷由実気ままな朝帰り 」(東芝EMI、1979年 )
  (右 )ギルバート・オ'サリヴァン「クレア」Clair(M&M、1972年 )

 「気ままな朝帰り 」は 1979年12月リリースの松任谷由実のアルバム「悲しいほどお天気 」B面二曲目に収録された佳曲。その編曲は ギルバート・オ'サリヴァンの名曲「クレア 」に 酷似しており、その剽窃の狡猾さは聴いているほうが恥ずかしくなるほど。
 けれど 歌詞のほうに目を向ければ、父親の干渉を離れて自由な一人暮らしを始めた若いOLが ふと実家を懐かしく想いつつ 初めて淋しさに気づく - という、いかにもユーミンらしいウィットと曲の簡潔な仕上がりに 唸ります。都会に「ひとりぽっち 」で暮らす女性の自由と孤独をテーマにしたショート・ストーリーには その冒頭から「口笛 」が 実にぴったりと相応(ふさわ )しいからです。
 この曲は、本家のギルバート・オ'サリヴァンより アレンジのアイディアを剽窃した側のほうが(歌詞と楽曲の適性という側面からは )成功した、稀有な例であると言えましょう。オ'サリヴァンの「クレア 」の歌詞には「口笛 」を登場させる必然性は ありませんでしたからね。


 もとい・・・。「独りで口笛を吹く 」というシチュエーションを楽曲にこめる場合、その音色には 常に「独奏者 」の孤独なイメージが加わる - そんな聴感覚上の約束事があるように思われます。

ミュージカル「王様と私 」 ミュージカル「王様と私」ジュリー・アンドリュース(PHILIPS)盤
▲ ロジャース=ハマースタイン:ミュージカル「王様と私 」
(左 )オリジナル・サントラ(Capitol、1956年 )盤
(右 )ジュリー・アンドリュース(PHILIPS、1992年 )盤

 映画化もされたブロードウェイ・ミュージカルの傑作「王様と私 」The King and I の中で、アンナ先生 (デボラ・カー / 歌唱吹替 : マーニ・ニクソン )が歌う「 口笛吹いて I Whistle A Happy Tune は、そんな孤独な「口笛 」のイメージを集約した秀逸な歌詞が付されていおり、スケルツォ倶楽部 発起人、ここに思わず注目しました。

― こわくなると わたしはいつも
  胸を張って 楽しい歌を口笛で吹くの
  そしたら誰も わたしがこわがってるなんて思わないでしょ

  その効果はてきめんよ
  だって相手の目をごまかすだけでなく
  自分だって その気になってくるんですもの !

  楽しい歌を口笛でふくの
  勇気があるふりをするの
  するとその気になれるわ
  思い込んだ分だけ 勇敢になれる
                (対訳:木村博江PHILIPS


 さらに、「ひとりぽっち 」ではなく、複数、いえ 大勢で 「口笛 」を吹くと、その音色とともに 聴者に与える印象が大きく変わってくることに気づきます。
 たとえば・・・
七人の小人 仕事が好き
ディズニーの初期アニメ映画の成功作「白雪姫 Snow White and the Seven Dwarfs 」(1937年公開 )で、七人の小人らが ダイヤモンドを採掘する鉱山に出かけるとき 歌いながら一斉に「口笛 」を吹くマーチ「ハイ・ホー 」 や、
クワイ河マーチ「戦場にかける橋 」
▲ 映画「戦場にかける橋 The Bridge on The River Kwai 」(1957年公開、デヴィッド・リーン監督 )で 帝国日本軍の捕虜となった英国軍兵士らが鉄道建設に動員され 泥濘(ぬかるみ )の中を延々と行進させられるシーンで登場する、マルコム・アーノルド/編曲による 「口笛 」とコーラスも秀逸だった「クワイ河マーチ 」 - その忘れがたき効果。
 それらは まさに「 口笛吹いて 」I Whistle A Happy Tune に描かれた歌詞どおりの意図を立派に果たしているように思えました。


Monty Python’s Life Of Brian (2) Monty Python’s Life Of Brian
モンティ・パイソン
オールウェイズ・ルック・オン・ザ・ブライト・サイド・オブ・ライフ
 Always Look on the Bright Side of Life
作詞/作曲:エリック・アイドル Eric Idle(モンティ・パイソンのメンバー )
録音:1979年(Virgin )
映画「ライフ・オブ・ブライアン 」のエンディングに流れる挿入歌

Eric Idle &George Harrison_Life of Brian(1979 )
▲ エリック・アイドル(左 )と その友人で映画製作に関与したジョージ・ハリスン
 究極の人生肯定ソング と言い切ってしまいましょう。
 しかし この楽天的な歌が歌われるオリジナルの映像シーンを観ていない人にとっては、これが どれほど悲惨な状況下で歌われた曲であったかを知れば、間違いなく驚かれるでしょう。それは、70年代イギリスのコメディ集団モンティ・パイソンの映画「ライフ・オブ・ブライアンMonty Python's Life of Brian 」(1979年公開 )のラスト・シーンです。
 救世主キリスト・イエスも十字架にかけられた古代エルサレムの処刑場 = ゴルゴタの丘 に並ぶ 磔刑に処された囚人たちが そんな悲惨な状況で「いつも人生の明るい側(ほう )を見よう 」など 前向きな歌を能天気に合唱するという あり得ない場面が あなたには想像できないでしょう。
 しかも この歌は、快適に4ビートを刻む シャッフル風の付点リズムに乗せて 大らかにスウィングする明るい曲調、リフレインが繰り返される都度 合いの手を入れるように 十字架上の囚人たち全員が「口笛 」で カウンター・メロディを一斉に吹き鳴らします。大勢の中に入って 自分の両隣の仲間と肩を組んで歌い出したら、何だか止まらなくなってしまうほど快適な、どこか麻薬的な反復効果さえある 実に魅力的な一曲です。 2014年7月、結成45周年を記念してロンドンのO2アリーナで開催されたモンティ・パイソン復活ライヴ公演のグランド・フィナーレに全員で歌われたのも この曲でしたね。

 現在 この歌は、英国ならサッカーの試合など公共イベントで観衆によって合唱される楽曲としても有名。1991年にはシングルCD(Virgin )としてリリースされ、それがきっかけで再ヒット、2012年ロンドン・オリンピックの閉会式にも 壮大なスケールでエリック・アイドルが登場したことは 記憶に新しいです。すでに スタンダート名曲の仲間入りを果たしている予感さえします。 
 尚、この曲が ディズニー映画「ピノキオ 」の挿入歌「困ったときには口笛を 」Give A Little Whistleのパロディであるとされる説、また フォークランド紛争中の1982年5月 ミサイルの攻撃を受けた駆逐艦・シェフィールドでは 船が沈み行く中、助けを待つ船員たちがこの曲を合唱した、という逸話など、これらも Wikipediaで 紹介されています。 ⇒ こちら



▲ ボビーマクファーリン
   ドン’ト・ウォーリー、ビー・ハッピー Don't Worry,Be Happy  
  1988年リリース(Blue Note )

 全てのパートを自身の声だけで多重録音した、そう感じさせないほど 実は 驚異的な作品。グラミー賞で最優秀レコード、最優秀楽曲、最優秀男性ポップ・ヴォーカルの三冠受賞するなど きわめて高く評価されました。マクファーリンは、80年初頭にデビューした時点から 地声や裏声、オペラティックな発声からパーカッシヴなノイズまで凡そヴォーカルとして膨大な発声ヴァリエーションを保有する技巧的器楽的唱法を特徴とするジャズ・ヴォーカリストの実力派でした。


おまけ
「スヌーピーの秘書 ウッドストックは、口笛の名手。」


▲ 「ウッドストックのサンバ 」(映画「スヌーピーの大冒険 」より
 この他、TVシリーズでは ウッドストックプッチーニの名曲(歌劇「ジャンニ・スキッキ 」から「わたしのお父さん 」 )を「口笛」で演奏、アイス・スケートを滑るペパーミント・パティの演技を助けるというエピソードも有名ですよね。


↓ 清き一票を
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
Club Scherzo, since 2010.1.30.

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)