本記事は 5月31日 「 注目記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。
皆様のおかげです、 これからも ご支援のほど よろしくお願い申し上げます。

   
スケルツォ倶楽部 
Club Scherzo
 ⇒ All Titlelist


NHK-FM「クラシックカフェ 」の“ウェイトレス”
かすや ひろせ さんの「ふんわりソフトな 」声に萌え。


 今日は ごく短い つぶやきです。

 昔から NHK-FM といえば クラシック音楽を きちんと放送してくれる比重が高く、未知の音楽との出会いを渇望していた 幼少期の 私“スケルツォ倶楽部発起人 にとって、この 公共放送局には ホント お世話になったものです。 NHK-FM への感謝の想いは 溢れにあふれて止めがたく、その噴出するエネルギーの変換作業として、当ブログ“スケルツォ倶楽部” にて こんな駄文の執筆に勤(いそ )しんでいると、そういうわけです(笑 )。

 さて、現在(2008年以来 )毎週月曜から木曜の14時~15時55分(再放送は 翌週火曜から金曜の朝07時25分~09時20分 )に放送されている NHK音楽番組が、クラシックカフェ Classic Café です。

NHKクラシックカフェ Classic Café 放課後ティータイムのメイド喫茶
(左 ) NHK クラシックカフェ Classic Café  
(右 ) 架空の「カフェ 」のウェイトレスをイメージした 勝手なコラージュです、スミマセン。
    放課後ティータイムけいおん ! )の記事は ⇒ こちら


 毎回プログラム冒頭で 番組タイトルが ひかえめにコールされると、木漏れ日が柔らかく流れてゆくような ピアノの分散和音の間を縫って メロディが浮びあがっては 美しく香り立ちます。
 それは一聴、ショパンメンデルスゾーンを思わせる曲調なのですが、答えを明かされると意外なことに、歌劇「カルメン 」や「アルルの女 」で知られる ジョルジュ・ビゼーピアノ作品 - 組曲「ラインの歌 」Chants du Rhin から 「(あかつき ) 」 L'Aurore です。

「これからのひとときは クラシック音楽とともにお過ごしいただきましょう 」

 その声の 何とも ソフトで優しい 独特な響き・・・。
 おや ? どなたでしょう、こんな素敵な声の 女性(ひと )は ?  とてもチャーミングではありませんか。

 いまさらですが、この NHK-FM 「クラシックカフェ 」の番組進行って NHKのアナウンサーが務めているわけではないんですね? 
 放送業界に無縁の素人たる 私 発起人 が感じたことなので 発言は無責任ですが、「クラシックカフェ 」のナレーションは、紹介すべき楽曲について書かれた情報を 予め準備された原稿から 読むことしか 基本的には許されないんじゃないでしょうか、少なくとも パーソナリティの個性を主張できるような番組では ないと思っています。 
 ですから、前任のパーソナリティだった 唐沢美智子さんが 最後の ご出演の折り、ご自分の言葉で たいへん心のこもった お別れの挨拶を されていましたが、これなど むしろ異例なことだったと感じました。

 ・・・ もとい。 そういう NHKクラシック音楽番組としては この女性の声質は、あまり 「それらしくない 」 のですよ。 いえ、決して悪い意味では ありません - むしろ 逆です、どこか 初々しくて 新鮮なんです。 そして とても耳に心地よい のですよ。 どうか やめないでください長く続けてください
 
 ふんわりとした このお声で 「エルケ・シュルツェ・ヘッケルマン 」 とか 「ヘスス・ロペス=コボス 」  なんて のたまわれた日にゃ、くーっ もう おじさんったら イイ歳して 胸が キュンと萌え
 い、一体 この ふんわり ソフトな 声の女性(ひと )は 何というお名前なのでしょうか。 それを たしかめたい一心で、とうとう番組を最後まで聴きましたよ。

― 「ご案内は、かすや ひろせ でした。」
 
 はい。すぐに Wikipedia で調べます。 
 ・・・ええと、「NHK-FMクラシックカフェ Classic Café は 二名のパーソナリティが 一週ごとに 交代で進行を務めている 」とのこと、ふんふん。 「2015年からは、貞平麻衣子と粕谷紘世が 担当 」・・・ おお、これだ。
NHKクラシックカフェ Classic Café 粕谷紘世
「粕谷紘世 」 さん・・・。

 すでに 昨年から ご担当だったんですね、気づきませんでした。
 プロフィールを拝見すると、やはりNHKの局アナなどではなく、フリーのアナウンサーでいらっしゃるご様子。

 あ、「明治学院大 文学部芸術学科音楽学専攻 」 だって( ! )。 音楽は ご専門だったんですね。 しかも・・・ 明学大卒でしたか。
 実は、私 “スケルツォ倶楽部発起人 、高校は 明学「付属 」東村山校の卒業でしたから、粕谷さんと まんざら縁がないというわけでもない(って、ここは 二重否定の肯定文です )。

 ところで、粕谷さん「クラシックカフェ」 以外での ご活躍は・・・

 「岩瀬惠子のスマートNEWS 」(RF )では スポーツニュースをご担当、

 「第91回箱根駅伝実況中継 」(RF )では 芦ノ湖リポーターをご担当、

 「夏の甲子園 神奈川大会試合速報 」(RF)ではリポーターをご担当、

 ボートレース中継 日本レジャーチャンネル(CS ) スタジオキャスター、

 エキサイティング花火2014 第39回江戸川花火大会 でもリポーターをご担当、

 東京時代まつり(J:COM台東 )でもナレーションをご担当・・・

 うーん、けっこうお忙しそうですね。 どうか ご健康に留意され、くれぐれも ご自愛ください。
粕谷紘世さん
  
 「クラシックカフェ 」 - これからは パーソナリティの声にも 意識を集中して聴くようになるでしょう。
 さらに 願わくば、粕谷さん自身のお言葉が、このクラシック音楽の番組の中から聞こえてくると もっと良いのになあ - なんて 思います。
 どうか これからも「ふんわりソフトな 」その素敵なお声で ガンバってくださいね。“スケルツォ倶楽部発起人、陰ながら 粕谷さんのことを 勝手に応援します
粕谷紘世 NHK-FMクラシック・カフェ

ビゼー作曲
組曲「ラインの歌 」Chants du Rhin から「暁 」L’Aurore

ジャン=マルク・ルイサダ ビゼー「ラインの歌」(RCA) Georges Bizet (1838‐1875)
ジャン=マルク・ルイサダ(ピアノ )
組曲「ラインの歌 」Chants du Rhin 第1曲「暁 」、第2曲「出発 」、第3曲「夢想 」、第4曲「ジプシーの女 」、第5曲「ないしょ話 」、第6曲「帰還 」(以上、ビゼー作曲 )
併録曲:ノクターン第1番変ホ短調、第2番変ロ長調、第6番変ニ長調、第7番嬰ハ短調、第12番ホ短調、第13番ロ短調(以上、フォーレ作曲 )
録  音:1997年 7月30日~ 8月2日 
海外盤:RCA 74321 537302

 その品格で世界的人気のピアニスト、ジャン=マルク・ルイサダ。かつてスタニスラフ・ブーニンが優勝した第11回(1985年 )ショパン・コンクールでは第5位に甘んじていましたが、その後の両者の活躍と現在の評価とはどなたもご承知のとおり、完全に逆転していると言えましょう。
 このディスクは、自身のレコーディング・コンセプトを「自分が弾きたいレパートリーを選べるから 」という条件で 大手D.G.からRCA(BMGクラシックス )に移ってしまった ルイサダの移籍後最初にリリースされたアルバムでした。
 D.G.ではショパンの録音ばかりだったルイサダが「自分で弾きたい作品 」としてチョイスする企画は何だろうと大いに注目されていた中、何と ビゼーの、しかも一般の人には殆ど知られていない選曲だったことには、その当時 誰しも意表を突かれたものです。

 ところで、NHK クラシックカフェ Classic Café - エンディング・テーマは、レハールのライバル、オスカー・シュトラウスが作曲した、これもあまり知られていない「セレナード 」から、「ワルツ 」が選ばれています。 趣味のよい選曲ですね。

↓ 清き一票を
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
Club Scherzo, since 2010.1.30.

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)