スケルツォ倶楽部 Club Scherzo ⇒ 全記事 タイトル・リスト
「スヌーピー」の音楽  メニューは こちら ⇒ Novel List
スケルツォ倶楽部_シュローダーとルーシー

ルーシーが、
シュローダーのピアノを 洗濯機で洗ったら…

シュローダー_ピアノ_0001-2

シュローダー_ピアノ_0001-3
「ピアノ 探してるんでしょ ? 」

シュローダー_ピアノ_0001-4
「どうしたと思う… 洗濯してあげたのよ ! 」

 こんにちは、 “スケルツォ倶楽部発起人(妻のほう )です。
 わが家で愛用している洗濯機日立製の全自動 ( 愛称「白い約束 」 笑 ) ですが、水量とか濯(すす )ぎ回数等を設定、えいっとスタートボタンを押せば、その途端 ぴーひょろひょろと電子音で流れ出す音楽は、意外やモーツァルトピアノ・ソナタ K.545 ハ長調 1楽章のメロディ、そして 「洗濯おわったよぉ 」 って 終了を知らせてくれるメロディは、「トルコ行進曲 」として知られるロンドを その終楽章に置く、同じくモーツァルトソナタ第11番イ長調K.331 から第1楽章冒頭のテーマです(勝手に転調されて キーは異なりますが )。
 さて、あなたのおうちでは洗濯機でピアノを回したこと、ありますか(笑 )

シュローダー_ピアノ_0001-5
「なんだって ? 」
「あのピアノ、2年は洗濯してないでしょ。
 だから 洗濯機に入れてあげたの… 」


シュローダー_ピアノ_0001-6
「ピアノが洗濯機に入るわけないだろ ! 」
「カッカしないで、ちゃんと出てきたわ… 」


シュローダー_ピアノ_0001-7
「って洗濯機から ? 」
「でも ひとつ困ったことがあるの… 」


シュローダー_ピアノ_0001-8
「乾燥機にだけは入れるべきじゃなかったわ 」
                                 (対訳 : 谷川俊太郎 )

シュローダー_ピアノ_0001-9
乾燥機で縮んでしまったピアノの衝撃 !

なぜルーシーは シュローダーのピアノを ことあるごとに破壊しようとするのか


・・・ ご参考に、オススメします
クラヴィーアを弾くモーツァルト(エッチング、G.A.Sasso ) グルダ_モーツァルト(amadeo )
▲ モーツァルト : 
ピアノソナタ 第11番イ長調 K.331 「トルコ行進曲付き 」、第15番ハ長調 K.545
(併録 : 第13番変ロ長調 K.333、 ロンド ニ長調 K.485 )
フリードリヒ・グルダ (ピアノ )
録音: 1965年
音盤:PHCP-20328 ( 原盤 amadeo 462 926-2 )

 快速なテンポ、硬質な打鍵が耳に跳ねかえる心地よさ、旋律が反復されるたび 意外性に満ちた装飾音に満たされる即興的な歌ごころなど、典型的なグルダモーツァルト、誠に素晴らしいです。 スケルツォ倶楽部 推薦 !

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
Club Scherzo, since 2010.1.30.

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)