スケルツォ倶楽部 Club Scherzo 
  全記事一覧は ⇒ こちら All Title List
  ねじの回転 」 もくじは ⇒ こちら


「ねじの回転 」  番外編
クレモニーニ Cremonini 作 (1971年 )
「画と覗き魔 」 Le tableau et les voyeurs

クレモニーニ Cremonini 370×448
レオナルド・クレモニーニ
  Leonardo Cremonini (1925 – 2010 )
  「画と覗き魔 」( Le tableau et les voyeurs 1971 )


 パリを拠点に現代イタリア美術を代表する個性派の一人だったレオナルド・クレモニーニの作品は、日常の光景に溶け込もうとする人体の一瞬を 力強いサイケデリックなトーンでカンヴァスに描出しています。
Leonardo Cremonini (2) Leonardo Cremonini
▲ レオナルド・クレモニーニ Leonardo Cremonini

 「画と覗(のぞ )き魔 」 Le tableau et les voyeurs  
 - 思春期の性的好奇心や避暑地の解放感がそのまま色彩の饗宴となって迫ってきます。
 鏡に映る子どもの驚きは、大人たちの情事を描いたカンヴァスによるもの。しかし観る者は誰しもこのカンヴァスが現実を映し出した鏡であることを知っています。現代の画家たちは カンヴァスという「万能の鏡 」を使って、心理的なトリックを作り出すことに長(た )けていますね。


クレモニーニ Cremonini(部分 ) (2) Cremonini_Locchio (1975)
▲ (左 )「画と覗き魔 」 部分、(右 )クレモニーニ「目撃 」 L'occhio(1975年 )
 この絵の真実とは、画中に置かれたカンヴァスに描かれた、今まさに情交を前に脱衣する 大人の男女の姿 - 男の陰茎は勃起し、女の豊かな乳房の両乳首も屹立しています - これを目撃して驚く子どもの顔。 よく観れば 子どもの顔は鏡に映ったものなので、実は彼はこの絵の外に立っているということがわかります。それは まさに私たち鑑賞者と同じ視線でもあるのです。


 ― 上記、今回はすべて早坂優子さんの文章 (青字 ) であることを お断りします。 その 早坂さんのオリジナル文章に 私 スケルツォ倶楽部 発起人 、勝手ながら 少し手を加えていることも付記します。事後承諾、何卒お許しください。

名画に教わる名画の見かた_視覚デザイン研究所 編
出典 : 視覚デザイン研究所名画に教わる名画の見かた 」 
画家は何を想い描いているのだろう? その意図を読む鍵は、絵の中に描かれた絵「画中画」にあります。本書は 画中画に注目して 絵画の本質に迫ります。 中世から現代までの年表付き。
推薦します !


Cremonini_Les sens et les choses (1968)
Cremonini_Les sens et les choses (1968)
鏡に映っている 脱衣中の女性が もし ミス・ジェスルだと想像したら、ベッドの上で待つ男の脚はピーター・クイントのものでしょうか。

Cremonini_les voyeurs
Cremonini_les voyeurs (1971)
少年マイルズと少女フローラが目撃したものを連想させます。

Cremonini_Le désir de l’autreLe(1970‐1971)
Cremonini_Le désir de l’autreLe (1970/1971)



▲ レオナルド・クレモニーニ の 芸術 が スライドで ご覧になれます。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
Club Scherzo, since 2010.1.30.



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)