スケルツォ倶楽部
メニュー は こちら ⇒ Novel List
全記事一覧 ⇒ こちら

佐村河内守の 「 謝罪 」会見に 新垣隆氏 の姿が !?
佐村河内守 saku「交響曲第一番 HIROSHIMA 」 週刊文春 記者会見で頭を下げる佐村河内守さん=7日午前、東京都港区 (2014年03月07日 配信)時事通信社

 (舌打ち ) とうとう 今日 3月 7日、芝公園の東京グランドホテルで 記者会見を やる破目になっちまった。
でも おれさまだけは 本当の自分の姿を知っている。カリスマ性の高い偉大な作曲家であるという真実を。
・・・原爆で命を失った人たち、健康を損なった人たち、ご遺族の方々、さらに震災で家族を失った人々や 故郷を去らざるを得なくなって 親兄弟 離れ離れになってしまった人たち・・・。そんな彼らに 美しい音楽の力で 鎮魂や祈りや慰めを与え、日本中を感動させられる人物といったら、やっぱりおれさまの他には いないだろ。
おれさまの 下請けだったという自己の存在をバラしやがった新垣センセイだって すべて おれさまが指示したヴィジョンの中で ただ楽譜に音符を書いたというだけで、たまたま おれさまが自分で作曲していなかった、という それだけのことさ、ホント こんなに騒がないでほしいよ。おれさまが 自分の音楽を 誰に作曲させようが、そんなの 些細なことなんだから。

それにつけても こないだまでの「苦悩する芸術家 」を装う風貌、惜しいよなー、悪くないキャラだったのに、あの演出は もう二度と使えないんだな( 再度 舌打ち )。
佐村河内守. 佐村河内守
謝罪してみせる以上は 長かった髪も女房に切らせてきたし、見てくれだって いかにも実直そうな衣装に 今日は着替えてきたしな。そうそう、もちろんサングラスも外して ちょっぴり涙ぐんで見せちゃおうかな。とにかく心から頭を下げる反省の態度を 演じるとしよう。

弁護士ドットコム トピックス (1)
うわー、それにしても ずいぶん大勢 来ていやがるな。多くて200人くらいと思っていたけど、300・・・いや 400人近く入ってるじゃないか、信じられないや。しかし つくづく平和だよな 日本っていう国は。一端(いっぱし )の報道記者を名乗るんだったら、今こそ クリミア半島へ行くべきだろ。

とにかく これじゃ 予定時間内に 会見は終わらなさそうだな。
おれさまへの質問タイムもあるんだろ。それは仕方ないけど、一人1回だけにさせよう。記者どもには 挙手させて、おれさまが指すことにするぞ。めんどくさそうな記者はパスしてやる。お人好しの軽部アナとか、おとなしそうな人だけを選んでと・・・

弁護士ドットコム トピックス (2)
おや、あそこで「ハイハイ 」って 盛んに手を挙げてる 騒がしい記者は 誰だろう ? うるさいヤツだな・・・ って、よく見ると - うげっ ! 新垣隆 その人じゃないか ? 何だって 新垣センセイ本人が 報道記者に混ざって この会見場に来てやがるんだろ。あんな おしゃれな帽子で変装してるつもりなんだろうが、おれさまには判るんだ、つきあい長いからな・・・ でも 一体 あいつ 何が目的なんだろ ? こんな場所で また変なこと 言いだされたらかなわないからなー、ふふん、無視してやるよ。 無視 無視。

おお、そうだ、ここは やっぱり 釘をさして 威嚇しておくことも 大事だよな。
おれさまの耳が聴こえていることをバラしやがった 新垣センセイの発言は とりあえず全否定してと。そうそう、ギャラの交渉でも金に執着してる奴だっていう 悪いイメージを マスコミの前で植えつけといてやるよ。
佐村河内守「新垣センセイを名誉棄損で訴えます 」 新垣センセイ
ふふん、新垣センセイ、おれたちは もはや一蓮托生、これからは もう二度と 余計な発言するんじゃないよ(笑 )。

「 - 新垣さんを 名誉毀損で 訴えます ! 」

ええっ? 会見場、騒然・・・

テリー伊藤 記者会見で頭を下げる佐村河内守
 ちょっと言っとくけど、オレ 新垣センセじゃないから。

 - テリー伊藤、佐村河内氏を「正直、残念なオヤジ 」とバッサリ - 
 ・・・ 記者会見に出席していたTVプロデューサーでタレントのテリー伊藤氏、会場では質問者として何度も「ハイ!ハイ!」と挙手したにもかかわらず、佐村河内守氏に「全く無視されましたよ 」と振り返る。これに応えてTBS系情報番組「サンデー・ジャポン」の共演者曰く「聞こえなかったのでは? 」(笑 )。


佐村河内守「新垣さんを 名誉棄損で 訴えます」


↓ 清き一票を
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
Club Scherzo, since 2010.1.30.

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)