スケルツォ倶楽部 Club Scherzo   全記事一覧は ⇒ こちら
訃報・追悼
訃報 (号外 )
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、
マーラー101年目の命日( 5月18日 )に 逝去・・・


 20世紀後半を通し、多くの意味で世界最高峰の存在だったバリトン歌手 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ Dietrich Fischer-Dieskau が、2012年 5月18日 - それは 奇しくも 彼が重要なレパートリーとして 生涯にわたり歌い続けてきた グスタフ・マーラー Gustav Mahler(1860~1911 )の まさに 101年目の命日 - に、ドイツ バイエルン州オーバーバイエルン行政管区ベルクの 自宅で 亡くなったそうです・・・ 86歳でした。

フィッシャー=ディースカウの芸術 
DVD : D.G.「ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの芸術 」  (ユニバーサルUCBG-1183~4 )
DVD DISC – 1 The Opera Singer
モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚 」から
:第2幕 レチタティーヴォ: 「珍しいことだ 」、三重唱: 「スザンナ、いいから出てきなさい 」、第2幕のフィナーレ 、第3幕 二重唱: 「なぜ これほどまでに私をじらすのだ 」  
  ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(アルマヴィーヴァ伯爵 )
  キリ・テ・カナワ(伯爵夫人 )、
  ミレッラ・フレーニ(スザンナ )、
  ヘルマン・プライ(フィガロ )ほか
  カール・ベーム指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1975年12月、ウィーン )

モーツァルト 歌劇「ドン・ジョヴァンニ 」から
:第1幕 レチタティーヴォ: 「やっと私たちは解放された 」~ 二重唱: 「さあ、手を取り合おう 」、アリア: シャンペンの歌、第2幕 アリア: 「もう不平を言うな 」、第3幕 レチタティーヴォ: 「すべてはうまく行っている 」 ~ カンツォネッタ: さあ、この響きを聞いて窓を開けてください 」、「お前たちは向こうへ 」
  ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(ドン・ジョヴァンニ )
  ヴァルター・ベリー(レポレロ )、エリカ・ケート(ツェルリーナ )、
  フェレンツ・フリッチャイ指揮 ベルリン・ドイツ歌劇場管弦楽団 (1961年、ベルリン )

プッチーニ 歌劇「外套 」から
:「なぜ寝ないのだ 」、「誰もいない、静かだ 」、「ミケーレ ! ミケーレ ! 」
  ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(ミケーレ )
  ユリア・ヴァラディ(ジョルジェッタ )
  ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮 バイエルン国立歌劇場管弦楽団 (1974年、ミュンヘン )

R.シュトラウス 楽劇「影のない女 」から
:第2幕 「さあ、食べろ、兄弟たちよ」、「いつも暇だという人もいるものよ 」、「なぜ、こんなに深い眠りにおちてしまったのか 」
  ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バラク )
  インゲ・ボルク(バラクの妻 )、
  マルタ・メードル(乳母 )、
  イングリッド・ビョーナー(皇后 )
  ヨーゼフ・カイルベルト指揮 バイエルン国立歌劇場管弦楽団 (1963年、ミュンヘン )

R.シュトラウス 楽劇「アラベラ 」から  これは 特に素晴らしい!
:第2幕 「私のことは何もご存じないようだ 」、「今宵はこれでお休みと申し上げます 」、第3幕 「彼女は私を見ようともしなかった 」
  ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(マンドリカ )
  リーザ・デラ=カーザ(アラベラ )、
  エヴァ=マリア・ワーグナー(フィアケルミリ )
  ヨーゼフ・カイルベルト指揮 バイエルン国立歌劇場管弦楽団 (1960年、ミュンヘン )

ライマン 歌劇「リア王 」から
:第1部から「風よ吹け 」
  ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(リア王 )
  ゲルト・アルブレヒト指揮 バイエルン国立歌劇場管弦楽団 (1982年、ミュンヘン )

DVD DISC - 2 Master of The LIED
ベートーヴェンの歌曲 - アデライーデ 作品46、うずらの鳴き声 Woo129
シューベルトの歌曲 - 月に寄せて D.259、ブルックの丘にて D.853、星 D.939、春に D.882、漁師の娘(「白鳥の歌 」D.957から )
シューマンの歌曲 - 君はまるで花のようだ (「ミルテの花 」作品25 第24曲 )、 愛らしく、やさしいミルテやバラで(「リーダークライス 」 作品24 第9曲)、月夜(「リーダークライス」作品39 第5曲 )、献呈(「ミルテの花 」作品25 第1曲 )、新緑 (「12の詩 」作品35 第4曲 )、私は一人で座る(「ミルテの花 」作品25 第5曲 )、乱暴に置かないでくれ (「ミルテの花 」作品25 第6曲 )
ブラームスの歌曲 - 航海 作品96の4、セレナード 作品106の1、私の女王よ、いかにあなたは 作品32の9
ヴォルフの歌曲 - 旅路、めぐりくる春、散歩、天才的な行い、亡き母に祝福あれ(イタリア歌曲集 第35曲 )、心よ、落胆するのはまだ早い(スペイン歌曲集 第11曲 )、見つけもの(6つの歌 作品56 第1曲 )、あすの朝(4つの歌 作品27 第4曲 )、少女よ、それが何の役に立つのだ(6つの歌 作品19 第1曲 )
以上、ヴォルフガング・サヴァリッシュ(ピアノ ) 1974年 6月、ベルリン
マーラー 歌曲集「亡き子をしのぶ歌 」全5曲
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
ロリン・マゼール指揮 ベルリン放送交響楽団 1968年 ベルリン(ZDF製作 )


 世紀の大歌手フィッシャー=ディースカウの偉大なる業績、そのすべてを 書き記すことは容易な作業ではありません。 そのような軽率な企ては早々にあきらめて、今宵は 当ブログ“スケルツォ倶楽部”で 私 発起人が目下執筆中の拙文 「タイタニック船内のサロンにおける、グスタフ・マーラーを 追悼する 架空の音楽会  で 偶然にも繰り返し扱っていた 「D・F=Dのマーラー歌唱 」 が聴ける音盤 - 発起人の所蔵盤に限ります - を 箇条書き的に紹介しながら、彼の偉業の一端を ここに偲ぶものであります。

D.F=D フルトヴェングラーとの共演「さすらう若人の歌 」Orfeo Dor Wilhelm Furtwauml;ngler
1951年 8月19日 ( ザルツブルク音楽祭 実況録音 )
マーラー 歌曲集「さすらう若人の歌 」
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 ウィーン・フィルハーモニー
音 盤:海外盤 Orfeo D’or(C336931B )
併録曲:歌曲集「亡き子を偲ぶ歌 」(メータ / ウィーン・フィル、1967年8月20日ライヴ )


さすらう若人の歌 EMI マーラー「さすらう若人の歌 」フルトヴェングラー(EMI )盤
1952年 6月24、25日 (ロンドン キングスウェイ・ホール )
マーラー 歌曲集「さすらう若人の歌 」
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団
併録曲:歌曲集「亡き子を偲ぶ歌 」(ルドルフ・ケンペ / ベルリン・フィル、1955年6月 )
音 盤:EMI(東芝EMI TOCE-3058 )


D.F=D 初期のマーラー録音(audite )
1953年 1月8日 (ベルリン 放送音源 )
マーラー:歌曲集「子供の不思議な角笛 」から(地上の生活、魚に説教するパドヴァの聖アントニウス、お高い良識を褒め讃える歌 )
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
ヘルタ・クルスト(ピアノ )
併録曲:
1977年 ユリア・ヴァラディとのシューマンの二重唱曲(全12曲 )コード・ガーベン(ピアノ )、1951年 ベートーヴェン「ゲレルトによる6つの歌曲 Op.48 」ヘルタ・クルスト(ピアノ )
音 盤:海外盤 Audite Deutschlandra(AU-95636 )

F=ディースカウ DG 初期 マーラー歌曲 D.F=D Sings Mahler_0009
1959年 6月 (ベルリン、ランクヴィッツ・スタジオ )
マーラー 「若き日の歌 」から(ドン・ファンのファンタジー、夏の歌い手交代、自覚症状、シュトラスブルクの砦の上を )
マーラー 「子供の不思議な角笛 」から(魚に説教するパドヴァの聖アントニウス )
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
カール・エンゲル(ピアノ )
音 盤:海外盤 D.G. 00289 477 9375 Original Image Bit-Processing


D.F=D 「大地の歌 」クレツキ盤EMI 『大地の歌 』パウル・クレツキ指揮 フィルハーモニア(EMI )
1959年10月 ( ロンドン )
マーラー 交響曲「大地の歌 」
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
マレイ・ディッキー(テノール独唱 )
パウル・クレツキ指揮 フィルハーモニア管弦楽団
音 盤:EMI(新星堂 Angel - 1000 )SAN-5


F=ディースカウ「亡き子をしのぶ歌 」ベーム(DG )盤 D.F=D Sings Mahler_0009 カール・ベーム
1963年 4月& 6月 (ベルリン、イエス・キリスト教会 )
マーラー リュッケルトの詩による歌曲から(真夜中に、ほのかな芳香を、わたしの歌を覗いたりしないで、わたしはこの世に忘れられ )
マーラー 歌曲集「亡き子を偲ぶ歌 」
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
カール・ベーム指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
音 盤:海外盤 D.G. 00289 477 9375 Original Image Bit-Processing


カイルベルト盤「大地の歌 」 Joseph keilberth(バイロイト・アーカイヴより ) 
1964年 4月 (バンベルク 実況録音の放送音源 ) 
マーラー 交響曲「大地の歌 」
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
フリッツ・ヴンダーリッヒ(テノール独唱 )
ヨーゼフ・カイルベルト指揮 バンベルク交響楽団
音 盤:海外盤 The Great Performer CDO-4008


D.F=D Sings Mahler_0005 ヨーゼフ・クリップス Josef Krips(1902 #8211; 1974)
1964年 6月14日 (ウィーン、ムジークフェラインザール実況録音 ORF )
マーラー 交響曲「大地の歌 」
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
フリッツ・ヴンダーリッヒ(テノール独唱 )
ヨーゼフ・クリップス指揮 ウィーン交響楽団
音 盤:海外盤 D.G. 00289 477 8988


マーラー「大地の歌」バーンスタイン、ディースカウ、ウィーンフィル(DECCA ) Leonard Bernstein
1966年 4月 ウィーン、ゾフィエンザール
マーラー 交響曲「大地の歌 」
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
ジェイムス・キング(テノール独唱 )
レナード・バーンスタイン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
音 盤:Decca=London(ポリグラム POCL-6004 )

 
DVD : D.G.「ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの芸術 D.F=D_映像「亡き子をしのぶ歌 」ZDF
1968年 ベルリン(第2ドイツテレビ ZDF製作映像 )
マーラー 歌曲集「亡き子をしのぶ歌 」
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
ロリン・マゼール
指揮 ベルリン放送交響楽団
DVD:D.G.「ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの芸術 (ユニバーサルUCBG-1183~4 )


バーンスタイン&D.F=ディースカウ バーンスタイン&D.F=ディースカウ(CBS )L.P. 
1968年11月 4~ 6日 ニューヨーク
マーラー リュッケルトの詩による歌曲(4曲 )、「若き日の歌 」( 7曲 )、歌曲集「さすらう若人の歌 」
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
レナード・バーンスタイン(ピアノ ) 
音 盤:CBS- Sony(ソニー SRCR-9129~30 )


New York 1968
1968年11月 8日 ニューヨーク、リンカーン・センターにおける実況録音
マーラー 「若き日の歌 」( 7曲 )、歌曲集「さすらう若人の歌 」、リュッケルトの詩による歌曲( 4曲 )
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
レナード・バーンスタイン(ピアノ ) 
音 盤:海外盤 Myto Records 1MCD-89008


F=ディースカウ「さすらう若人の歌 」クーベリック(DG )盤 D.F=D Sings Mahler_0009 Rafael Kubelik (D.G. )
1968年12月 (ミュンヘン、ヘルクレスザール )
マーラー 歌曲集「さすらう若人の歌 」
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
ラファエル・クーベリック指揮 バイエルン放送交響楽団
音 盤:海外盤 D.G. 00289 477 9375 Original Image Bit-Processing

併 録:マーラー 交響曲第5番 嬰ハ短調(L.P.オリジナル・カップリング )

D.F=D セル、シュヴァルツコップフとの「少年の不思議な角笛 」EMI George Szell
1969年 3月 8,9日 (ロンドン キングスウェイ・ホール )
マーラー 歌曲集「子供の不思議な角笛 」(死んだ鼓手、うき世の暮らし、無駄な骨折り、ラインの伝説、少年鼓手、歩哨の夜の歌、この歌をひねり出したのはだれ? 高遠なる知性のおほめの言葉、魚に説教するパドヴァのアントニウス、塔の中の囚人の歌、不幸の中の慰め、美しいトランペットの鳴り渡るところ )
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
エリーザベト・シュヴァルツコップフ(ソプラノ独唱 )
ジョージ・セル指揮 ロンドン交響楽団
音 盤:EMI(東芝EMI TOCE-3059 )


D.F=D Sings Mahler_0006 Rafael Kubelik (D.G. ) 
1970年 6月 (ミュンヘン ドイツ博物館 コングレスザール )
マーラー 交響曲第8番 変ホ長調(千人の交響曲 )
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 法悦の教父 )
マーティナ・アーロヨ(ソプラノⅠ、罪の女 )
エルナ・スポーレンベルク(ソプラノⅡ、栄光の聖母 )
エディト・マティス(ソプラノⅢ、贖罪の女 )
ユリア・ハマリ(アルトⅠ、サマリアの女 )
ノーマ・プロクター(アルトⅡ、エジプトのマリア )
ドナルド・グローベ(テノール独唱、マリアを崇拝する博士 )
フランツ・クラス(バス独唱、黙想の教父 )
バイエルン放送合唱団、北ドイツ放送合唱団、西ドイツ放送合唱団、レーゲンスブルク大聖堂少年聖歌隊、ミュンヘン・モテット女声合唱団
ラファエル・クーベリック指揮 バイエルン放送交響楽団
音 盤:D.G.(ユニバーサル UCCG-3954 )


D.F=D Sings Mahler_0007 D.F=D Sings Mahler_0008
1976年 8月 7日 (ザルツブルク祝祭劇場 小ホールにおける実況録音 ORF )
マーラー 「若き日の歌 」から(夏の歌い手交代、もう会えない、別れて遠ざかるのは、シュトラスブルクの砦の上を、悪い子たちをしつけるためには、自覚症状、春の朝、ドン・ファンのファンタジー )、
マーラー 「少年の不思議な角笛 」から(ラインの伝説、少年鼓手、歩哨の夜の歌、地上の生活、魚に説教するパドヴァのアントニウス、美しいトランペットの鳴り渡るところ、起床の合図、無駄な骨折り、この歌をこしらえたのは誰? 塔の中の囚人の歌 )、
マーラー 「リュッケルトの詩による歌曲 」から (わたしの歌を覗いたりしないで、ほのかな芳香を )
ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン独唱 )
ヴォルフガング・サヴァリッシュ(ピアノ )
音 盤:海外盤 Orfeo D’or(C333 931B )



 ・・・以下は、 “スケルツォ倶楽部” の バックナンバー (過去記事 )中、D.F=Dについて触れた 文章の一覧(の一部 )です。
 ⇒ を クリックして頂けると、その記事に飛びます

1951年 シューベルト「魔王 」(G.ムーア伴奏 )最初のEMI録音について
 ⇒ 架空のシューベルティアーデ (6)シューベルトの「魔王」を聴き比べる

1952年 マーラー 歌曲集「さすらう若人の歌 」フルトヴェングラーとの共演レコードに初めて出会った時の 個人的思い出について
 ⇒ 「タイタニック船内のサロンにおける、マーラーを追悼する 架空の音楽会 」 (4)歌曲集「さすらう若人の歌 」室内楽版

1956年 バイロイト祝祭劇場における ワーグナー 楽劇「ニュールンベルクのマイスタージンガー 」(クリュイタンス指揮 )コートナー役 について
 ⇒ ゲアハルト・シュトルツェの演技を聴く (8)1956年バイロイト「マイスタージンガー 」ダーヴィットを演じる

1965年 ベーム盤「ヴォツェック 」タイトル・ロールについて
 ⇒ ゲアハルト・シュトルツェの演技を聴く (26)ベルク「ヴォツェック」の大尉 を演じる

1966年 バーンスタイン/ウィーン・フィル盤「ファルスタッフ 」タイトル・ロール、および 多少 違和感を感じる D.F=Dの配役(? )について
 ⇒ ゲアハルト・シュトルツェの演技を聴く (30)ヴェルディ「ファルスタッフ 」医師カイウス先生を演じる

1967年 ヨッフム盤「カルミナ・ブラーナ 」での 立派な歌唱について
 ⇒ ゲアハルト・シュトルツェの演技を聴く (32)オルフ 「カルミナ・ブラーナ 」で、白鳥の丸焼き を演じる

1967年 カラヤン盤 ワーグナー「ラインの黄金 」ヴォータン役について
 ⇒ ゲアハルト・シュトルツェの演技を聴く (33)カラヤンの「ラインの黄金 」で ローゲを演じる

1968年  マーラー リュッケルトによる歌曲「私はこの世に忘れられ 」 ~ バーンスタインとの歴史的な共演について
 ⇒ 「タイタニック船内のサロンにおける、マーラーを追悼する 架空の音楽会 」 (3)リュッケルトの詩による歌曲「私はこの世に忘れられ 」

1978年 シューベルト「冬の旅 」ポリーニとのザルツブルク共演について
 ⇒ 架空のシューベルティアーデ (8)「冬の旅 」D.911


Dietrich Fischer-Dieskau Dietrich Fischer-Dieskau (3)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ・・・ 
 私 "スケルツォ倶楽部" 発起人歌曲・オペラの深く広い世界を開眼させてくださった偉大な人 - その功績に 心からの追悼と敬意を表し、黙祷を捧げます -


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
Club Scherzo, since 2010.1.30.

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)