スケルツォ倶楽部 Club Scherzo
「アフター・シュトラウス & “ バイ・シュトラウス ”」
After-Strauss & “By Strauss”
  もくじ Index は ⇒ こちら

(3)1900年 エリック・サティ 
   カフェ・コンセールのシャンソン
   「やさしく Tendrement 」
     
 
エリック・サティ  サティ歌曲集(メスプレ、ゲッダ、バキエ&チッコリーニ)EMI
エリック・サティ 
カフェ・コンセールのシャンソン「やさしく Tendrement」
アルド・チッコリーニ(ピアノ)Aldo Ciccolini
ニコライ・ゲッダ(テノール)Nicolai Gedda
録音:1968年10月 パリ
東芝EMI/TOCE-9846
 
 

 サティワルツは、ピアノ曲としても有名な歌曲 「 お前がほしい Je te veux 」が 圧倒的に 広く知られています。しかし、知名度では若干劣っていても 「歌うワルツ」という副題の、シャンソン 「やさしく Tendrement」の 甘美なワルツの旋律も捨てがたいですね。
 「愛する女性への思慕の念が高まった時、賛美と共に彼女の名前を呟くことは 神への祈りほどの敬虔さに似た想い」であり、自身のやさしく純粋なる愛を 決して忘れぬように、残酷な彼女には 自らの手で「僕の心の庭園に咲いている ばらの花すべてを 貴女に むしり取ってほしい(大意)」と訴える ヴァンサン・イスパの歌詞に、メロディをつけた サティによる洒落たシャンソンです。

秋山邦晴氏による「エリック・サティ覚え書 」について
エリック・サティ覚え書(秋山邦晴)青土社
秋山邦晴 著 「エリック・サティ覚え書 (青土社)」
 奇人サティについて もう少し詳しくお知りになりたければ、秋山邦晴氏による名著「エリック・サティ覚え書 (青土社)」を お勧めします。多面的な考察と深い研究、そして作曲家でもある 秋山氏独自の楽しいエッセイも織り込んだ総合的な著作です。北見隆氏の個性的な表紙も目を惹きます。装幀の雰囲気も凄く良いですよね( 写真参照 )。
 サティの史跡をめぐる ヨーロッパ楽旅についての洒脱なエッセイの中には、夫人でピアニストの高橋アキさんも 旅の同伴者として登場。特に、ベートーヴェン没後150年記念フェスティバルで ボン市内の小ホール(ベートーヴェン・ホール)でのくだりが 興味深いです。
 リハーサルをしているアキ夫人が さらっているベートーヴェンピアノ・ソナタ第30番 ホ長調の背後から、突然 シュトックハウゼン「ピアノ曲第10番」が響き出したと。秋山氏が 反対側の大ホールを 小走りに行って覗いてみると、そこでは メトロノームを鳴らしながら練習中のマウリツィオ・ポリーニが バリバリ弾いていた、という話。
 さらに、秋山氏は アキ夫人のベートーヴェンポリーニのピアノの音とが 均等に聞こえるホールの中間地点で立ち止まり、「おもしろいドキュメントができる」とつぶやきながら、私的にカセットテープの録音ボタンを押したのだそうです。まるでチャールズ・アイヴズのような発想ではないですか、この時の 一回きりの音響、一体 どんな風に録れていたことでしょう、聴いてみたい!

発起人の 個人的な思い出ばなしを。 
サティ ピアノ音楽全集(東芝EMI EAC-77123~28)チッコリーニL.P.盤
 サティ ピアノ音楽全集 (東芝EMI EAC-77123~28)懐かしい(!)L.P.盤 
 私には 高校時代の夏休み、チッコリーニの演奏によるL.P.6枚(特典 L.P.1枚が付いて 全7枚)組 「サティ/ピアノ曲全集(東芝EMI)」を アルバイトして購入したその晩、ひとり黙々と聴き続けたという楽しい思い出があります。
 サティの世界にすっかり没入して全く眠くならず、とうとう徹夜してしまい、特典L.P.である 7枚目に針を降ろした時には もう明け方の午前5時をまわっていました。その最後の7枚目のレコードだけは 全集の中でも付録のような特典盤で、それは サティの室内楽や歌曲が楽しめるという企画盤でした。この中に、ニコライ・ゲッダの歌唱による この素晴らしい歌曲「やさしく」が収められていたのでした。
 初めて聴いた時の感動を今もおぼえています。夏の早暁の窓から、雀のさえずりと共に涼しい外気が部屋へ入ってくる中、最初の陶酔が忘れられず、繰り返し何度もこのレコード盤に針を降ろし続けたものです。
 驚異的な量のレパートリーを誇る、ストックホルム出身の名テノール歌手ゲッダは、この甘美なシャンソン=ワルツの結尾を、精妙なる裏声で、まさに表題どおり 「やさしく」 締めくくるのでした。

1901年  第1回ノーベル賞、レントゲンが物理学賞を受賞
       ラヴェル 「水の戯れ」
       ラフマニノフ、ピアノ協奏曲第2番
       ヴェルディ没

1902年  ロンドンで日英同盟締結
       ドビュッシー、歌劇「ペレアスとメリザンド」
       クリムト、壁画「ベートーヴェン・フリーズ」

1903年  ライト兄弟、初飛行に成功
       フランツ・ヨーゼフ皇帝、オーストリア=ハンガリー軍隊の統合を強調
       ゴーギャン没
       ハチャトゥリアン生まれる


1904年 シベリウス「悲しいワルツ」 に続く・・・

↓ 清き一票を
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
Club Scherzo, since 2010.1.30.

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)