スケルツォ倶楽部 Club Scherzo

いつも スケルツォ倶楽部 に ご来場くださり、
誠に ありがとうございます。

さて、“スケルツォ倶楽部発起人 )は、
只今 本業が 年度末に入っており、今月は 多忙を 極めております。
不在。。。
書きたいことがたくさん - 山ほど あるのに・・・
時間がなく、本当に悔しいのですが、
しばらく 更新が出来そうにありません、スミマセン。

・・・でも 今月下旬くらいには 復帰できるよう がんばりますので、
どうか ポイ しないでくださいね。

≪ あらためて ブログ・メニュー の ご案内 ≫

The Eroica Quartet_Beethoven_harmonia mundi_HMU 907254
スケルツォ倶楽部 
⇒ クラシック音楽と その周辺について、と 好き勝手 に語ります。

モーツァルト 最期の年 
新連載 小説「モーツァルト 最期の年 」 
⇒ 主人公 W.A. が その生涯を終える 1791年の軌跡を
   残された音楽と共に パラレル・ワールドで描く オリジナル・ファンタジー です。


「スヌーピーの音楽 」(CBS-TV チャーリー・ブラウン・クリスマス より )
「スヌーピー」の音楽 
⇒ チャールズ・M.シュルツ氏が描く シュローダーの弾くトイ・ピアノ
    コンサート・グランド並みの音響なのは どうして?


アフター・シュトラウス & バイ・シュトラウス
アフター・シュトラウス & “バイ・シュトラウス” 
⇒ ヨハン・シュトラウス二世 没後、
    ワルツは 激変する世界で いかなる変容を遂げたでしょうか。


オルフ「オイディプス王」(クーベリック)D.G.ゲルハルト・シュトルツェ(最小サイズの肖像写真)
名優ゲアハルト・シュトルツェ Gerhard Stolze の演技を聴く。 
⇒ 60年代 ドイツ・オペラ界で活躍した不世出のキャラクター・テノール、
   その大いなる功績と ちょっぴり地味な生涯。


フランツ・シューベルト Public Domain
架空のシューベルティアーデ
⇒ 主人公シューベルト本人が 最後まで現れない サロン・コンサート。
    幹事シュパウンは ひとり 焦りまくり。フランツは なぜ来ないの?
 
 
Steve Gadd(スイング・ジャーナル)
スティーヴ・ガッドを 讃える。
⇒ 発起人“妻”の愛好する ジャズ=フュージョンのコーナー。
    偉大なドラマーが参加した名盤をとおし 同時代のミュージシャンを語ります。


ジャズ喫茶「ソッ・ピーナ 」の壁面を飾る L.P.レコード
午後のジャズ喫茶「ソッ・ピーナ」
⇒ が行きつけのジャズ喫茶のマスターから聞かされる名盤とウンチク談義。

ノーマン・ロックウェル
クリスマスの音楽
⇒ 心温まるオリジナル・ストーリー「サンタクロース物語 」。
    ウインター・ミュージックとともに どうぞ 優しい気持ちになってください。


 
 ↓ 清き一票を
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ  音楽広場
Club Scherzo, since 2010.1.30.

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)