スケルツォ倶楽部 
クリスマスの音楽    もくじ はこちら 
 
「サンタクロース物語」(14)

Greg Lake_I Believe In Father Christmas Emerson, Lake  Palmerクリスマスの音楽_サンタ_スヌーピー

↑ 今宵の一曲
▽ グレッグ・レイク Greg Lake
 「夢みるクリスマス I Believe In Father Christmas 」
  録音:1975年、ロンドン
(左)90年代に再発された際のシングル・ジャケット(海外盤 WEA International )
(右)E.L.& P.によるヴァージョン 「ザ・ベスト・オヴ E.L.& P. The Best Of Emerson, Lake & Palmer 」に収録
ビクター・エンタテインメント( VICP-5482 )
 
併録曲:フロム・ザ・ビギニング、聖地エルサレム、スティル・ユー・ターン・ミー・オン、庶民のファンファーレ(コープランド原曲)、ナイフ・エッジ(ヤナーチェクシンフォニエッタ」原曲 )、タルカス、悪の教典♯9~第1印象パート2、セ・ラ・ヴィ、「ロデオ」~ ホウダウン(コープランド原曲 )、トリロジー、ホンキー・トンク・トレイン・ブルース、ブラック・ムーン、ラッキー・マン

 「夢みるクリスマス I Believe In Father Christmas 」は、イギリスのプログレッシヴ・ロック・グループ、エマーソン、レイク & パーマー Emerson, Lake & Palmer のメンバーとして有名な グレッグ・レイク Greg Lake のソロ・ワークス「作品第2番」に 元々収録されたシングル盤で、また同時に ロック = ポップス系のあらゆるクリスマス・ソングの中で、最もスケールの大きな作品のひとつでしょう。
 グレッグ・レイク & ピーター・シンフィールド による優れた歌詞は簡潔なものではありますが、サンタの存在を信じていた子どもの頃のクリスマスの記憶と、やがて世界の平和にまで想いを広げてゆくような意義深き内容です。
 そしてリフレイン部分で 繰り返し繰り返し引用される、とても印象的なメロディ。 このシングル盤を初めて聴いた時、“スケルツォ倶楽部”発起人は まだ中学生でしたが、このメロディの原タイトル曲名が すぐには出てこなかったことまでも 憶えてます。・・・えーと、何だったっけなあー、知ってるんだけどなあー、う~ん・・・ と さんざん七転八倒した挙句、やっと「そうだ! プロコフィエフの組曲『 キージェ中尉 』の『 トロイカ』だった! 」。
 雪道を快速に疾走する長い橇(そり)が、そのまま どこまでも高く 天空まで駆け昇ってゆくような 素晴らしい名旋律ですよね。このメロディをこんなところで使うなんて(! )グレッグ・レイク、ホント良い趣味してます。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「サンタクロース物語」
(14)塀の中のイエスと 塀の外のイエス

 
 エルサレム中心部にある ピラト総督管理下の牢獄へ ニコラウスとともに移送されたイヴリーが、そこで30年前ヘロデの近衛隊に逮捕されて以来、ずーっと別れたままだった息子イエス・バラバと 牢内で奇跡的に再会したことによって、バプテスマのヨハネの予言がまたひとつ的中しました。
 ユダヤ解放の活動をしてきた政治犯イエス・バラバは、幼い頃から母エリサベトに いつも父の思い出と一緒に聞かされてきた「親切な旅人」が、今や真っ白いひげに覆われたニコラウスその人であることを知らされると、重ねて礼を述べながら 感激を深めて言いました、
「ああ、冥土のみやげに 親父と再会できて 本当に良かった、まるで夢のようだ 」。
「冥土のみやげとは聞き捨てならねえな、イエスよ。今 会えたばかりなのに 随分と不吉なことを言うじゃねえか 」
と、思わずイヴリーは 息子の言葉尻をとらえます。ニコラウスも その真意を尋ねました。
バラバは周囲の政治活動の仲間らとゆっくりと目配せを交わすと、これに答えました、
「実は、僕と仲間たちは 今日・明日にも反逆者として十字架刑に処せられる運命なんだ。この監獄は そんなに長く囚人を養うことはしないんだよ。ローマ人に敵意を抱いている僕らのような政治犯は、処刑が申し渡される場では 皆すべて“強盗”とか、“人殺し”という不名誉な烙印を勝手に押されて、ゴルゴダ行きと相場が決まっているんだ。そして死刑執行の呼び出しの声は いつ掛かってもおかしくないんだ 」。
それは父イヴリーにとって、衝撃的な情報でした。
「そんな・・・ せっかく30年ぶりに会えたというのに。オレは決して許さねえぞ。一体どこの誰がてめえの息子を見殺しに出来るかって言うんだ。そうだ、オレがお前の身代わりになるよ、それがダメなら ひと暴れしてみせる 」
すると牢の外に立つ番兵が イヴリーの言葉を聞き咎め、鉄格子の隙間も通り抜けるような細い槍を構えながら、鋭く牢内に注意しました。
「そこの老人、軽率なことを言うなよ。独居房へ移りたいのか 」
息子のバラバ本人からも、
「親父、気持ちはとてもうれしいけれど、他の奴らにも迷惑がかかるよ。頼むから、おとなしくしていてくれよ 」
と、拝まれるので 不承不承イヴリーは床に座り込みました。

 その時、建物の裏側から ウワーッ という群衆が大声を上げる音が 地鳴りのように響いてきました。
「あの騒ぎは何だろう 」
と 気にするニコラウスに、バラバが説明を始めました。
「ここの牢屋に隣接している裁判所に集まった群衆の声だと思います。親父はもちろん、きっとニコラウスさんも知らないでしょうが、今 ここエルサレムでは たまたま私と同じ名前の - イエスという - ナザレの預言者の話題で もちきりなんですよ 」
 ― いや、私は知っているよ・・・と、ニコラウスは 心の中で思いました。そうか、あの方は ここエルサレムに、われわれの こんなにも近くに いらっしゃったのか・・・。
 しかし イエス・バラバの次の言葉に、老ニコラウスは 心臓を掴(つか)まれました。
「その預言者の裁判が 今朝から あそこで行なわれているんです - 」
鉄格子の窓からは決して見えない、総督が裁判の判決を言い渡す広場の方角を 遠くに眺めながら、バラバは 話し続けます。
「 - 彼を支持する民衆の人気たるや それは凄いものでした。実際に数々の奇跡を行なっていたのは間違いなさそうですが、説教の内容 ― というか、その語り口がおもしろかったらしいんですよ。私は聴いたことないですけどね、でも聖書に約束されている救世主キリストの到来とは、まさに彼のことだ なんて信じる者も大勢いました。でも 彼は、ローマの不当な支配からユダヤ民族を解放してくれる - モーセやダビデのような - 力強い引率型の指導者とは どうやら違ったようで 」
バラバの同志のひとりが声をあげます、
「それは、ユダヤ解放戦線を張っている我々とも 考え方を異にする、ということか 」
それには また別の同志が 返事しました、
「そのようだ、だから ローマからの解放を期待していた層ばかりか、逆に保守的な律法学者、圧政者とのいらぬ摩擦を嫌う神殿の司祭の一部などからも、あいつはユダヤの救世主なんかじゃない、ニセモノじゃないか、という違和感の声が上がり始めていたと聞く 」
その時、再び 裏手から群衆の わーっ という叫び声が上がりました。方角は、確かに裁判の判決が下される 法廷の広場からのようでした。
バラバのニコラウスへの説明が 続きます。
「詳しくは知らないんですけど 顔見知りの看守からの情報によると、そのナザレのイエスっていう預言者は、きょう未明 エルサレム郊外で逮捕されたそうです。何でもインチキが発覚して信用失墜し、従っていた弟子たちにも裏切られて その一人から神殿に突き出されたっていう情けない話ですよ。あの騒ぎは、おそらく 彼の裁判が佳境に入ったところじゃないかと思いますね 」
ニコラウスは 心の中で叫んでいました、そんなことがあるはずがない、絶対にあるわけがない、それは何かの間違いだろう - 。
 イヴリーが 息子バラバに尋ねていました。
「いつもこんなに朝早くから エルサレムでは 裁判をやるのか? 」
「確かにめずらしいことだ。でも三日後には過越しの祭が始まるから、その前に 面倒なことは済ませてしまいたいんじゃないかと思う 」

 この人を見よ Antonio Ciseri / Ecce Homo( 1871. )

 裁判所から走ってくる足音が 獄舎の石段を駆けあがってきます。伝令のローマ兵が大声を上げるのが聞こえました。
「総督ピラト閣下から直々の命令を伝える。大至急 “強盗”で“人殺し”のイエス・バラバを 裁判所へ引き出すべし! 」
息子の呼び出しを聞いて、イヴリーは 悲しみで顔をくしゃくしゃにしました。
「イエスよ! こんなに早く別れの時が来ようとは - 」
「さようなら 親父、最期に会えて本当にうれしかった。天の采配だと思う 」
バラバ親子は 固く抱き合いました。
「ニコラウスさんも どうかご無事で。皆もな、頑張って耐え忍べよ 」
一同は、イヴリーの息子 イエス・バラバが 二人のローマ兵に両側を支えられながら 監獄の門を出てゆくのを、鉄格子の並んだ窓から見つめました。

次回 (15)ゴルゴダ に続く・・・

 ↓ 清き一票を
にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
Club Scherzo, since 2010.1.30.


文章:“ スケルツォ倶楽部 ”発起人




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)