スケルツォ倶楽部 
クリスマスの音楽    もくじ はこちら 
 
「サンタクロース物語」(10)

 山下達郎_0002クリスマスの音楽_サンタ_スヌーピー
 ↑ 今宵の一曲
 「煙が目にしみる Smoke Gets In Your Eyes 」
 山下達郎 ウインター・アルバム 「シーズンズ・グリーティングス 」 に収録
 

 名曲「煙が目にしみるジェローム・カーン作曲、オットー・ハーバック作詞 ) 」は、もともと アメリカの歴史的なコーラス・グループ、プラターズ The Platters による1959年の大ヒット曲でした。
 1960年代のアメリカン・ポップス&ロックに影響を受け、質の高い楽曲を制作し続ける才人 山下達郎は、自身が絶賛するこの曲のカヴァー・ヴァージョンを、その圧倒的な歌唱によって 彼のクリスマス・アルバム「シーズンズ・グリーティングス」に収録しています。「ベラ・ノッテ」や「ビー・マイ・ラヴ」同様、クリスマス・ナンバーではありませんが、選ばれて このアルバムのライン・ナップに並ぶのを聴くと、まったく違和感なくウインター・タイムの名曲として受け入れたくなります。
 私のような クラヲタの身としては、達郎の代名詞的な名曲である「クリスマス・イブ」の中間部、多重録音によって重ねられた ザ・シンガーズ・アンリミテッドをさえ思わせるほどの 精緻なコーラスの中から 突然 パッヘルベルの「カノン」の旋律が浮かび上がってくる その素晴らしさには、目を瞠(みは)ります。
 
▽ 山下達郎「シーズンズ・グリーティングス 」
ワーナー・ミュージック・ジャパンAMCM-4180
併録曲:グルックの主題によるアカペラ、ベラ・ノッテ、ビー・マイ・ラヴ、グローリア、サイレント・ナイト、マイ・ギフト・トゥー・ユー、イッツ・オール・イン・ザ・ゲーム、ジャスト・ア・ロンリー・クリスマス、ハッピー・ホリデイ、ブルー・クリスマス、ホワイト・クリスマス、クリスマス・イブ(イングリッシュ・ヴァージョン)、ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス、神の御子は今宵しも


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「サンタクロース物語」
(10)「煙が目にしみる
 Smoke Gets In Your Eyes


「そいつらを 逃がすな! 」
と、近衛隊長ロンギヌスが叫びました。
一足先に外へ出ていたイヴリーは、
「おっかあ、オレたちのイエスを頼んだぞ。さあ、全速力で走れ 」
と 妻エリサベトに 夫婦の子どもを託しました。エリサベトは 一瞬ためらう表情を見せましたが、その後ろから ニコラウスが 早口で、
「エリサベトさん、オレたちが ここで少しでも食い止めてるから、その間に 坊やだけでも 貴女が守んなきゃ 」
と諭すのを聞くやいなや、意を決したように 夫婦の 2歳になる息子イエスを抱えると 夜の真っ暗闇の中へその身を溶かすように駈け出して行きました。
 彼女が走り去ってゆくその方角は、高いイチジクの大木とは反対の方向でした。

 イヴリーは 囲炉裏の火掻棒を右手に 薪を左手に構え、ニコラウスも 大きな贈り物の袋をブンブン振りまわしながら、エリサベトを追いかけようとするローマ兵の行く手を必死に遮(さえぎ)ろうとしました。
「コラ、貴様ら 邪魔をするな 」
ヘロデの兵たちが 一斉に剣を抜いたので、ニコラウスは身の危険を感じました。

 その時です、宿屋の中に隠れていた二人のユダヤ兵も 外へ飛び出してきました。しかし何ということでしょう - 彼らは自分たちが逃げるために イヴリーの宿屋に放火して出てきたのでした。イヴリーは、絶望的な声を上げました。
「あーっ、オレの宿が・・・ 」
二人のユダヤ兵は、大広間にあった囲炉裏の薪に 宿の灯りに使っていた油の備蓄など 燃料のすべてをぶち込んで、そこに火を投じたのでした。彼らはロンギヌスとローマ兵たちの姿を見ると、エリサベトが駆け去った方角とは逆の方向へ 全速力で逃げだしました。
「あの二人は許しがたい脱走兵だ、捕らえた上で 収賄、命令違反、民家放火の疑いで軍法会議にかけねばならぬ、だが もし抵抗するなら討ち取ってしまえ 」
と、走り去るユダヤ兵を指差しながら ロンギヌスが鋭く叫びました。そしてローマ兵十人ほどが追跡するうしろ姿を眺めながら、
「だから ユダヤ兵には信頼が置けないと思っていたんだ 」
と、言い捨てました。その一方、ニコラウスとイヴリーを指して、
「この民間人2名は、決して殺してはならぬぞ 」
と言って 残りの兵の気勢を制しました。
「そのような命令は 受けておらぬ。我々はヘロデ王の宮殿警護のために出向してはいるものの、規律を守るローマ帝国の軍隊だ。不要な殺生は厳禁である。けれど、この者たちは 権威あるヘロデ王の兵に贈賄行為を働いた。そして公務執行妨害の現行犯でもある。捕縛しろ、殺さずにな 」
ニコラウスは、イヴリーと一緒に あっけなく逮捕されてしまいました。東方の三博士の委嘱を受けて 一生懸命作った御子への贈り物も、 袋ごとローマ兵に没収されました。
「た、頼む。それだけは 返してくれ 」
「ダメだ。この怪しい袋は 炎の中へ投じる 」
「わー、やめてくれーっ 」 
宿屋は、ずっと降り続いている雨で建物全体が濡れているのにもかかわらず、いまや 猛烈な紅蓮の炎とともに 天高く燃え上がっていました。
 ニコラウスの労作だった 救いの御子への贈り物は、まず 炎の中で 白い袋が灰に変わると、次に その中身が 美しい姿を 顕(あら)わにしました。 - 木彫りの鳥、あらゆる動物たち、あらゆる魚、あらゆる昆虫、あらゆる草木や花、身の回り道具のミニチュア、日常生活用具、武具・武器類、あらゆる建物の小さな模型、そして あらゆる立場の人々や職業の人形たち - その一つ一つのおもちゃは 炎に照らされて一瞬それぞれが明るく輝きましたが、次の瞬間には 激しい熱と高温によって 全部固まって真っ黒な塊へと縮んでゆくのが見えました。
「ああ、神の御子に捧げる 小さな世界が、燃え尽きてしまった・・・ 」
 ニコラウスは またもや 気が遠くなりかけました。
 宿屋の主人だったイヴリーも 虚脱感から もはや自分の足で立つことが出来ませんでした。
 二人は ヘロデ王の兵士らに両手を縛られたまま その場に両膝を着き、炎の中から周囲に吹き出している大量の煙が目にしみていました。

次回 (11)「あめなる神には 」に続く ・・・

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
人気ブログランキングへ
Club Scherzo, since 2010.1.30.


文章:“ スケルツォ倶楽部 ”発起人
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)