FC2ブログ

プッチーニ 歌劇「蝶々夫人 」のラスト - 未解決な「最後の和音 」の行方が気になる。

   スケルツォ倶楽部 Club Scherzo  ⇒ 全記事タイトル All Titlelist プッチーニ 歌劇「蝶々夫人 」のラスト- 未解決な「最後の和音」の行方が 気になる。  “スケルツォ倶楽部”発起人です。 さて、前回は1987年のハリウッド映画「危険な情事 」(原題:Fatal Attraction )が、実はプッチーニのオペラ「蝶々夫人 」の翻案である、という裏テーマについて 長々と考察を加えました。いつもの調子で 長い拙文におつき合いく... 続きを読む

映画「危険な情事」未公開のオリジナル・エンディングは、マイケル・ダグラスを“ピンカートン”にした翻案「蝶々夫人 」だったのに。

本記事は 5月23日 「 注目記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆様のおかげです、 これからも ご支援のほど よろしくお願い申し上げます。    スケルツォ倶楽部 の メニュー は こちら ⇒ Novel List 映画のスクリーンに貼りつけられた音楽 ⇒ Novel List   スケルツォ倶楽部 Club Scherzo映画「危険な情事」未公開のオリジナル・エンディングは、マイケル・ダグラスを“ピンカートン”にした翻案... 続きを読む