ゲアハルト・シュトルツェの演技を聴く (番外編 ) 故 黒田恭一氏、シュトルツェを 讃える。

   スケルツォ倶楽部名優ゲアハルト・シュトルツェの演技を聴く   目次は こちら(番外編 )故 黒田恭一氏、シュトルツェを 讃える。■ 「雨夜の品定め - 歌い手できくオペラの楽しみ 」 レコード芸術(音楽之友社 )誌に かつて(1999年 1月号から2001年12月号まで )連載されていた、今は亡き黒田恭一(1938 – 2009 )氏による 歌劇とオペラ歌手への深い愛情に溢れる「雨夜の品定め - 歌い手できくオペラの楽しみ 」... 続きを読む

イグナーツ・モシェレス、グノーに先立って J.S.バッハ「平均律 」前奏曲に チェロ独奏オブリガート・パートを つけ加える。

   本記事は 2月 1日 「 注目記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆さまのおかげです、これからも 何卒よろしくお願い申し上げます。スケルツォ倶楽部 の メニュー は こちら  ⇒ All Titlelist 音楽史の重要人物 イグナーツ・モシェレス、グノーに先立って J.S.バッハ「平均律 」前奏曲にチェロ独奏の オブリガート・パートを つけ加える。 発起人(妻 )  「 スケルツォ倶楽部のみなさん、今晩... 続きを読む

映画「世界の中心で、愛をさけぶ 」 - 亜紀は なぜ J.S.バッハ=グノー「アヴェ・マリア 」を弾いたのか

   本記事は 1月22日 「 注目記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆さまのおかげです、これからも 何卒よろしくお願い申し上げます。スケルツォ倶楽部「映画のスクリーンに 貼りつけられた音楽 」  ⇒ All Titlelist 映画「世界の中心で、愛をさけぶ 」・・・ 亜紀は なぜ J.S.バッハ=グノーの「アヴェ・マリア 」を 弾いたのだろうか 映画 「世界の中心で、愛をさけぶ 」 (2004年、監督:行定 勲 ... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (18) ジュスマイヤー、バーデンを訪れる

   スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(18) ジュスマイヤー、バーデンを訪れる  一方、そのころジュスマイヤーは、ウィーン郊外のバーデンという、温泉地として知られる土地を訪れていました。なぜなら、ボヘミアの国立劇場でこの秋に上演されるオペラ・セリエの作曲を、サリエリ経由でW.A.に依頼することになったプラハの興行主が、ここに湯治を兼ねて滞在していたためです。 ジ... 続きを読む

スティーヴ・ガッドを讃える。 「スティーリー・ダン Aja 作曲術と作詞法 」 (D.ブライトハウプト/著_ディスク・ユニオン ) ウェイン・ショーターに関わる、35年ぶりの補足情報

   クラヲタに捧ぐ、ジャズ=フュージョンの名盤 ランダム辞典 スケルツォ倶楽部、スティーヴ・ガッド Steve Gadd を讃える。    メニュー画面は ⇒ こちら【 番外編 】日本語版 「スティーリー・ダン Aja 作曲術と作詞法 」(D.ブライトハウプト/著_ディスク・ユニオン ) ウェイン・ショーターに関わる、35年ぶりの補足情報   (左から )スティーヴ・ガッド、日本語版 「スティーリー・ダン Aja 作曲術と作詞法 」 (D.ブ... 続きを読む

マイルス・デイヴィス 「カインド・オブ・ブルー 」の 「ソー・ホワット 」に影響を受けた(と思われる )音楽を ランダムに聴く。

    スケルツォ倶楽部 ⇒ 全記事 一覧は こちら午後のジャズ喫茶 「カフェ ソッ・ピーナ」から   ⇒ メニュー画面は こちらマイルス・デイヴィス 「 カインド・オブ・ブルー 」の 「ソー・ホワット 」に 影響を受けた ( と思われる ) 音楽を ランダムに聴く。 (左 )マイルス・デイヴィス 「カインド・オブ・ブルー 」(Columbia / Sony )(右 )ドナルド・フェイゲン 「サンケン・コンドス 」(Reprise ) 皆さま、明けまし... 続きを読む