ゲアハルト・シュトルツェの演技を聴く (6)「オテロ」を演じる(?)

   スケルツォ倶楽部名優ゲアハルト・シュトルツェの演技を聴く  目次は こちら(6)シュトルツェ、「オテロ 」を演じる(?)■ 1954年「オテロ 」 ・・・ んな わけなく 「カッシオ」~ ヴェルディ:歌劇「オテロ」 ヴェルディ:歌劇「オテロ(ドイツ語版)」ヘルベルト・ケーゲル 指揮/ライプツィヒ放送交響楽団&合唱団 アレクサンダー・ミルチノフ(オテロ )、 ブリュンヒルト・フリートラント(デスデモーナ )、 ... 続きを読む

アフター・シュトラウス (8)1910年 ドビュッシー「レントより遅く」

   スケルツォ倶楽部 Club Scherzo 「アフター・シュトラウス & “ バイ・シュトラウス ”」After-Strauss & “By Strauss”   もくじ Index は ⇒ こちら(8)1910年 クロード・ドビュッシー 「レントより遅く 」  クロード・ドビュッシー「レントより遅く 」 ~ ロクェ編によるヴァイオリン独奏版ヤッシャ・ハイフェッツ(ヴァイオリン )Jascha Heifetzエマヌエル・ベイ(ピアノ )Emanuel Bay 録音:1946年10月 ハリウッドRCA... 続きを読む

スティーヴ・ガッドを讃える。 「One(邦題「はげ山の一夜 」 ) 」(ボブ・ジェームス )1974年

   クラヲタに捧ぐ、ジャズ=フュージョンの名盤 ランダム辞典 スケルツォ倶楽部、スティーヴ・ガッド Steve Gadd を讃える。    メニュー画面は ⇒ こちら「 One (はげ山の一夜 ) 」(ボブ・ジェームス ) 1974年   右の写真は、ヴァン・ゲルダー・スタジオ の ガッド と ボブ・ジェームス(手前) どちらも若い! こんにちは。発起人(妻の )コーナーです。 前回ご紹介した リチャード・ティーの名盤「ストローキン 」... 続きを読む

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第10番は、スケルツォで終わる

   スケルツォ倶楽部 の メニュー は こちら ⇒ All Titlelistスケルツォ倶楽部への情報 「ベートーヴェン の ピアノ・ソナタ第10番は、スケルツォで終わる」妻 「あなたー、スケルツォ倶楽部 会員さんから、スケルツォ情報を頂いたわよー」夫 「わあ、どうもありがとうございました。  ・・・どれどれ、 第10番って Op.14-2 ト長調か。あ、第3楽章は 終楽章にもかかわらず たしかに スケルツォ Scherzo だった! さすが... 続きを読む

作者チャールズ・M.シュルツ氏と 「イタリアのハロルド(ベルリオーズ ) 」

   Club Scherzo「スヌーピー」の音楽  メニューは こちら ⇒ Novel Listスヌーピーの作者シュルツ氏と 「イタリアのハロルド(ベルリオーズ作曲 ) 」  谷川俊太郎・訳(鶴書房 ) 今回から 「スヌーピー(コミック『ピーナッツ 』 )」の生みの親である チャールス・M.シュルツ氏が遺した語録から、音楽について語っている文章を いくつかご紹介しましょう。 まだ若きシュルツ氏が、大手雑誌へ作品を投稿し続けていた... 続きを読む

ゲアハルト・シュトルツェの演技を聴く (5)「ラインの黄金」フローを演じる

   スケルツォ倶楽部名優ゲアハルト・シュトルツェの演技を聴く    目次は こちら(5)「ラインの黄金 」 フローを演じる ■ 1953年「フロー」~ ワーグナー:楽劇「ラインの黄金」  (左から)海外盤 URANIA(RM11.906 2CD)、オルフェオ(ORFEOR 809113)全曲盤ワーグナー:楽劇「ラインの黄金」クレメンス・クラウス指揮バイロイト祝祭管弦楽団 ハンス・ホッター(ヴォータン)、 エーリヒ・ウィッテ(ローゲ)、 ヘ... 続きを読む

アフター・シュトラウス (7)1907年 オスカー・シュトラウス 「ワルツの夢 」

   スケルツォ倶楽部 Club Scherzo 「アフター・シュトラウス & “ バイ・シュトラウス ”」After-Strauss & “By Strauss”   もくじ Index は ⇒ こちら(7)1907年 オスカー・シュトラウス   ワルツ「外の匂やかな庭で 」「できるだけそっと 」   Da Draussen Im Duftenden Garten ~ Leise, Ganz Leise  ~ 喜歌劇「ワルツの夢 」 第1幕から             オスカー・シュトラウス 喜歌劇「ワルツの夢 」 ... 続きを読む

スティーヴ・ガッドを讃える。 「ストローキン 」(リチャード・ティー )1978年

   クラヲタに捧ぐ、ジャズ=フュージョンの名盤 ランダム辞典 スケルツォ倶楽部、スティーヴ・ガッド Steve Gadd を讃える。    メニュー画面は ⇒ こちら  「ストローキン 」(リチャード・ティー )      はい、ここは 発起人(妻 )のコーナーです。今回は キッチンから お送りしています。「今晩は 美味しい 欧風ビーフカレーにするから、アナタ 帰りに福神漬けを明治屋で買ってきてね 」って、夫に頼んでおいた... 続きを読む

なぜ シュローダーが弾くトイ・ピアノは スタインウェイの響きがするのか

   スケルツォ倶楽部 Club Scherzo「スヌーピー」の音楽  メニューは こちら ⇒ Novel Listなぜ シュローダーが弾くトイ・ピアノは スタインウェイの響きがするのか  (左)ルーシー    「“ 子どものトイ・ピアノは 本物に比べると音域も狭く、楽器とは呼べぬ代物 ”だって 」(中)シュローダー 「 ( バッハ作曲 『トッカータとフーガ ニ短調 』から 4オクターヴの音域が 炸裂! ) 」(右)シュローダー 「 で... 続きを読む

ゲアハルト・シュトルツェの演技を聴く (4)バイロイトでの小さな役割

   名優ゲアハルト・シュトルツェの演技を聴く  目次は こちら(4)バイロイトでの小さな役割 ゲアハルト(ゲルハルト)・シュトルツェは、1962年まで 毎年夏にはバイロイト音楽祭に出演していますが、特に1950年代には回数を重ねるに連れ メキメキと音を立てて頭角を現すようになり、常連の多くの共演者たちの中でも存在感を増して、音楽祭には無くてはならぬ 脇役の一人となってゆきます。  シュトルツェが、バイロイトで演... 続きを読む