FC2ブログ

「ハルサイとか聴いてるヤバい奴は クラスで俺だけ。 」

本記事は 4月14日「 注目記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆さまのおかげです、これからも 何卒よろしくお願い申し上げます。    スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報 こんにちは、“スケルツォ倶楽部”発起人(妻のほう )です。 「ハルサイとか聴いてるヤバい奴は クラスで俺だけ 」という ダウンロード配信アルバムがあ... 続きを読む

シューベルト 「魔王 」 - はい ココ、試験に出ます !

    スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報 シューベルト 「魔王 」 - はい ココ、試験に出ます ! こんにちは、“スケルツォ倶楽部”発起人 (妻のほう )です。 重症なクラヲタである「夫 」 “スケルツォ倶楽部” 発起人の口から、かつてクラヲタになりたて(笑 )だった若き日の、どうでもよい思い出ばなしを 引き出しています。 最初の 第一回は ⇒... 続きを読む

反省文 : 1976年、発起人(当時14歳 )は 映画「ヴェニスに死す 」を いかに誤解したか。

    スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報 反省文 : 1976年、発起人(当時14歳 )は 映画「ヴェニスに死す 」を いかに誤解したか。 今晩は、“スケルツォ倶楽部”発起人(夫のほう ) です。 何を隠そう 私は、1962年(昭和37年 ) 7月生まれなので、そうすると もう 2か月も経てば53歳になろうという年齢(とし )です。  それは、気づいてみれば ... 続きを読む

ひとつの音楽との 素敵な再会 - ルロイ・アンダーソン「忘れられし夢 」

本記事は 5月18日 「 注目記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆様のおかげです、 これからも ご支援のほど よろしくお願い申し上げます。    スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報 ひとつの音楽との 素敵な再会 -  ルロイ・アンダーソン「忘れられし夢 」 こんにちは、 “スケルツォ倶楽部”発起人 自身による 「クラヲタな... 続きを読む

「初めての異性(ひと )がアナタだったから わたし、もう他人を 愛せない身体に・・・ 」 ♪ ストコフスキー「新世界より 」、スヴェトラーノフ「1812年 」

    スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報 「初めての異性(ひと )がアナタだったから わたし、もう他人を 愛せない身体に・・・ 」 ~ もし名曲との最初の出会いが トンデモ盤で だったら?  ♪ ストコフスキー「新世界より 」、スヴェトラーノフ「1812年 」 今晩は、“スケルツォ倶楽部”発起人(妻のほう )です。 今宵の記事は、ちょっとMUUSAN さ... 続きを読む

ウィーンフィルのポルタメントに音空間が歪んだ思い出 - ワルターのモーツァルト40番

    スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報 ウィーンフィルのポルタメントに音空間が歪んだ思い出 - ワルターのモーツァルト40番   こんばんは、前回の妻との会話 「名曲との最初の出会いが トンデモ盤だったら? 」に触発された 私“スケルツォ倶楽部”発起人(夫 )、今少し 語り足りなかった思い出ばなしを さらに続けようと思います。 ええと、ま... 続きを読む

ホロヴィッツのレコードとの出会いを回想 - 「月光 」、「ヴァルトシュタイン 」、そして炸裂する「メフィスト・ワルツ 」

    スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報 ホロヴィッツのレコードとの出会いを回想 - 「月光 」、「ヴァルトシュタイン 」、   そして炸裂する「メフィスト・ワルツ 」   こんにちは、“スケルツォ倶楽部”発起人です。 まだ私が「クラヲタなりたて 」だった 小・中学校時代 - クラシック音楽と出会ったばかりの 浅く幼かった理解力を 告白す... 続きを読む

「覚えとけ、これがブルックナー 第5番だ ! 」 ・・・でも 改訂シャルク版だったんすけど ? クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル(1956年 )盤

    スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報 「覚えとけ、小僧。これがブルックナー 第5番だ ! 」・・・ でも それ改訂シャルク版だったんすけど ? クナッパーツブッシュ/ウィーン・フィル(1956年 )盤 過去記事 でも話題にしたように、たとえば ストコフスキー/フィルハーモニア(RCA)盤「新世界より 」とか スヴェトラーノフ/USSR国立交響楽団(Melodi... 続きを読む

小塩節先生の「菩提樹 」分析(「ドイツの森 」) に心酔した中学生時代 ・・・

本記事は12月27日 「 注目記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆様のおかげです、 これからも ご支援のほど よろしくお願い申し上げます。    スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報 小塩節先生の「菩提樹 」分析(「ドイツの森 」) に心酔した中学生時代 ・・・ 朝の通勤途上、車中で鳴らしている FM放送から たまたま耳にし... 続きを読む

若き “発起人”の卒業論文 要約(1985年 )「音楽における即興 」

    スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報 若き “発起人”の卒業論文 要約(1985年 )「音楽における即興 」 こんにちは、“スケルツォ倶楽部”発起人です。 お休みの日曜日、いつもの NHK-FM「きらクラ 」を聴きながら 部屋を片づけていたら、かれこれ30年以上も前 - 大学4年生のとき - に苦労して書いた 卒業論文が出てきました。  うわ 懐かし... 続きを読む

はじめは ベートーヴェンから。

    スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報 はじめは ベートーヴェンから。 やはり、はじめはベートーヴェンからでした。 「その人 」は 小学校の音楽室の防音壁に並ぶ大作曲家たちの肖像画の中で、いつも一人だけ怒ってたし 髪形だってもじゃもじゃだし - そんな特徴的な印象のおかげで、まだ物心つく前から いち早く その名前だけは憶えていました... 続きを読む

発起人、初めての「田園交響曲 」

    スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報 発起人、初めての「田園交響曲 」  ベートーヴェン交響曲第6番 ヘ長調 作品68「田園 」パウル・クレツキ / 指揮 Paul Kletzkiフランス国立放送局管弦楽団 The Orchestra Nationale de Paris録 音:記載なし ( 推定 1960年前後 )音 盤:コンサートホール・ソサエティ(SM-2239 ) 前回 に続いて、私 発起人... 続きを読む

「ウィーンのバーンスタイン(オン・ベートーヴェン・ア・セレブレイション )」 Bernstein on Beethoven A Celebration In Vienna

本記事は11月06日 「 注目記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆様のおかげです、 これからも ご支援のほど よろしくお願い申し上げます。スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報 「ウィーンのバーンスタイン 」(オン・ベートーヴェン・ア・セレブレイション ) Bernstein on Beethoven A Celebration in Vienna  こんにちは、“スケ... 続きを読む

バーンスタインの “第九” (ベートーヴェン )

スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報バーンスタインの “第九” (ベートーヴェン )  今日 12月17日は(16日説もあり ) 楽聖ベートーヴェンの生誕248年記念日、謹んでお慶び申し上げます。 さて、偉大な作曲家とは、生前の偉業が語られるにとどまる偉人を さらに超える存在です。 それは、遺した作品が世の中で再現される毎、演奏者と聴衆の前に「彼 」... 続きを読む

バーンスタイン愛聴盤ベスト10選(第10位~ 第6位まで )

スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報レナード・バーンスタイン愛聴盤ベスト10選(第10位~ 第6位まで )  今晩は、“スケルツォ倶楽部”発起人(妻のほう )です。 さて、わたしがカフェ ソッ・ピーナから帰宅すると( 前回の記事 ⇒ バーンスタイン作曲のスタンダード・ナンバーを聴く ) 夫は、何やら机に向かって悩んでいる様子。わたし 「アラ、どうしたの ... 続きを読む

バーンスタイン愛聴盤ベスト10選(第5位~ 第2位まで ) 「催眠術 」覚醒?

スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報レナード・バーンスタイン愛聴盤ベスト10選(第5位~ 第2位まで )⇒ ベスト10選(ランキング 第10位~第6位 )  第5位マーラー:交響曲第3番 ニ短調レナード・バーンスタイン指揮マーサ・リプトン(メゾ・ソプラノ )スコラ・カントゥルム女声合唱団トランスフィギュレーション教会少年合唱団ニューヨーク・フィルハーモニ... 続きを読む

バーンスタイン愛聴盤ベスト10選(ランキング第1位 )

スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報レナード・バーンスタイン愛聴盤ベスト10選(ランキング 第1位 )⇒ ベスト10選(ランキング 第10位~第 6位 )⇒ ベスト10選(ランキング 第 5位~第 2位 )  お待たせしました ! いよいよ 第1位の発表です。 私 “スケルツォ倶楽部”発起人が、個人的に最も思い入れあるバーンスタインの名盤は、「マーラー 第9番 ... 続きを読む

「え? そんな終わり方って・・・ 」

スケルツォ倶楽部 ⇒ Homeメニュー は こちら ⇒ Novel List▶ ナクソス・ジャパン公式サイト アルバム情報「え? そんな終わり方って・・・ 」  まだ幼かった頃、夜も更ければ 寝かしつけられる布団の中で 母親などに絵本を読み聞かせしてもらった、そんな懐かしい思い出をお持ちのかたも少なくないでしょう(二重否定の肯定文です )。 でも 時々やたらと目が冴え、絵本の最後のページを終えても まだ眠れずにいたことも珍し... 続きを読む