モーツァルト 最期の年 (1) 掌には銀の小笛

   スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら     おひさま・・・ もう沈んじゃうの?    こんなに早く?   ボクたち まだ遊び飽きたわけじゃないのに。   ねえ、まだ行かないで!         詩 : クリスティアン・オーフェルベック         童謡 「子どもの遊び 」から 第4節 後半部分より(1)掌には銀の小笛  冬が降りてきました。 窓ガラス1枚を... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (2) 「春への憧れ 」

   本記事は、2月19日「 人気記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆さまのおかげです、これからも 何卒よろしくお願い申し上げます。スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(2)「春への憧れ 」 W.A.は、どんな詩であっても一度読んだら、その記憶の中へ正確に刷り込んでしまうことができました。しかも彼が頭の中で歌詞を反芻する時、掌から浮かび上がった ... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (3) ホルン吹き ロイトゲープ

   スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(3)ホルン吹き ロイトゲープ 翌朝、玄関のドアを乱暴にノックする音でW.A.は 目を覚まされました。「こらー、いつまで寝てるつもりだ。起きろ、ヴォルフィー! 」「・・・あのロバのような声は ライトゲープ親父に違いない。相変わらず やかましいなー 」微笑みながらベッドの中で一度大きく伸びをすると、起き上がったW.A.は 寒さにふるえ... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (4) 聖シュテファン教会 ホフマン楽長

   本記事は、6月16日「 人気記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆さまのおかげです、これからも 何卒よろしくお願い申し上げます。スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(4)聖シュテファン教会 ホフマン楽長  W.A.は、ロイトゲープに前日教わったとおり、自宅で病気療養中のシュテファン大聖堂カペルマイスター レオポルド・ホフマン師を見舞うため 寒... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (5) ジュスマイヤー

   本記事は 6月27日「 人気記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆さまのおかげです、これからも 何卒よろしくお願い申し上げます。スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(5)ジュスマイヤー「この音楽は、何と素晴らしい祈りであろう・・・ 」スコアの最後のページまで ゆっくりと目を通していたカペルマイスター レオポルド・ホフマン師は やがてW.A.の作... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (6) 思い出の中にある音楽

   本記事は 8月 2日「 人気記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆さまのおかげです、これからも 何卒よろしくお願い申し上げます。スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら~ ここまでの あらすじ ~   W.A.は、物心ついた幼時から その掌(たなごころ )に 銀の小笛を隠してきた。手のひらを開けば、そこには いつでも小指ほどの長さの笛が現れて、主人で... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (7) ローゼンベルク伯爵

   本記事は 8月20日「 人気記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆さまのおかげです、これからも 何卒よろしくお願い申し上げます。スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(7)ローゼンベルク伯爵  「おい、モーツァルト。お前の作曲した新しいダンス音楽が、今回 なかなか評判だそうだな。特に あとから追加して宮廷に提出された、ほら - そりの鈴や鞭の... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (8) ダイム伯爵のミュラー芸術館

   スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(8)ダイム伯爵のミュラー芸術館         ヨーゼフ・ダイム伯爵 またはミュラー氏 の肖像画「・・・では 次に、この蝋(ろう )人形の顔の部分は - 」と、ミュラー芸術館のオーナーでもある ダイム伯爵は、軍服を着けた威厳ある老人の人形一体を指差しながら、ジュスマイヤーに説明を続けました。「 - 七年戦争やバイエルン継承戦争... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (9) 「デスマスクを壊せ! 」

   本記事は10月13日「 注目記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆さまのおかげです、これからも 何卒よろしくお願い申し上げます。スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(9)「デスマスクを壊せ! 」          ラウドン将軍の (左 )肖像画 (右 )胸像 ・・・その老人の声は たしかにラウドン元帥の蝋(ろう )人形のあたりからしました。ジ... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (10) 「最も偉大な作曲家 」

   スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(10)「最も偉大な作曲家 」  そのころ W.A.は 自宅に ひとりの紳士を迎えていました。 その訪問者 - ヨハン・ペーター・トースト氏は、ウィーンの宮廷に納めている最高級のワインを 彼自身の生まれ故郷であるメーレン(ハンガリーの一地方 )の大手生産団体から仕入れては卸売をするという商館経営で大きな成功を収めつつあった若い商人で、... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (11) 弦楽五重奏曲第6番 変ホ長調

   スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(11)弦楽五重奏曲 第6番 変ホ長調 「実は ダイム伯爵が 怒りながら ここに駆け込んでくる姿が見えたのです。伯爵と鉢合わせするのが怖くて、それで 私 ずっと建物の外に隠れていました 」 と、意気消沈したジュスマイヤーが 語る言葉は 途切れがちでした。W.A.は 朗らかに笑うと、「なんだ。では お前は とっくに帰ってきていたのに 今までず... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (12) トースト氏、早朝パリへ発つ

   本記事は 12月 2日「 注目記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆さまのおかげです、これからも 何卒よろしくお願い申し上げます。スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(12)トースト氏、早朝パリへ発つ  かつてエステルハージ・オーケストラの名ヴァイオリニストでもあった王宮御用達の商館主トースト氏の注文によって、W.A.とも共通の友人であるヨーゼフ... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (13) ト短調交響曲

   本記事は 1月27日「 注目記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆さまのおかげです、これからも 何卒よろしくお願い申し上げます。スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(13) ト短調交響曲  交響曲の冒頭から ヴィオラ群が刻むさざ波に乗って ひとつのメロディが何度も浅い呼吸を苦しげに繰り返しつつ、それは ある切ない感情を たしかに訴え続けていまし... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (14) 何を 教わっているの?

   スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(14) 何を 教わっているの?  W.A.は 腕組みしながら言いました。「・・・さてと、実は この後 ぼくはサリエリに呼ばれているんだよ、一体何の用だか知らないけどさ - だから まだしばらく ここに残らなけりゃならないんだな。ええと、その間ジュスマイヤーには、どこで待っていてもらおうかなー 」傍らに立つクラリネット奏者 アントン・... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (15) アントン・シュタードラーのクラリネット工房

   スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(15) アントン・シュタードラーのクラリネット工房  クラリネット奏者アントン・シュタードラーに案内され、その狭い工房に到着したジュスマイヤーは、そこにずらりと並べられた いろいろな長さや大きさ、形状をした さまざまな種類の管楽器を見せられると、目をまん丸くして驚きました。「こ、こんなに クラリネットって、たくさんあるんです... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (16) 新作オペラの作曲依頼

   本記事は 8月24日 「 注目記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆さまのおかげです、これからも 何卒よろしくお願い申し上げます。スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら   ~ ここまでの あらすじ ~  W.A.は、物心ついた幼時から その掌(たなごころ )に 銀の小笛を隠してきた。手のひらを開けば、そこには いつでも小指ほどの長さの笛が現れ、主... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (17) シカネーダーの慈善事業

   スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(17) シカネーダーの慈善事業  9月初旬に催される皇帝の戴冠式に際して、ボヘミアの国立劇場で上演されることが決まっている新しいオペラの作曲を サリエリ経由で依頼されたW.A.は、それまでにレチタティーヴォやオーケストレーションも含めて 完全に仕上げていなければならないにもかかわらず、いまだ台本さえ届いていない新作オペラの「リ... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (18) ジュスマイヤー、バーデンを訪れる

   スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(18) ジュスマイヤー、バーデンを訪れる  一方、そのころジュスマイヤーは、ウィーン郊外のバーデンという、温泉地として知られる土地を訪れていました。なぜなら、ボヘミアの国立劇場でこの秋に上演されるオペラ・セリエの作曲を、サリエリ経由でW.A.に依頼することになったプラハの興行主が、ここに湯治を兼ねて滞在していたためです。 ジ... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (19) 「その音、何色? 」

   本記事は 4月30日 「 注目記事ランキング クラシック音楽鑑賞 」で 第1位 となりました。皆さまのおかげです、どうもありがとうございました。スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら(19) 「その音、何色? 」  再び 舞台はウィーンです。 ドナウ川沿いに古(いにしえ )より建つ 歴史あるロマネスク様式の教会で、興行師シカネーダーのプロデュースによって 盲目の少女マリアンネ... 続きを読む

モーツァルト 最期の年 (20) こんなドラマは いかがかしら

   スケルツォ倶楽部 「モーツァルト 最期の年 」      ▶ もくじは こちら- 前回までのおはなし -  W.A.が掌中に隠した銀の小笛が作った美しい音楽と 興行師シカネーダーのプロデュース能力によって、盲目の少女マリアンネ・キルヒゲスナーがグラスハーモニカを演奏するという 教会主催の慈善コンサートは、大成功を収めます。 演奏会後の晩さん会の席に招かれたW.A.とシカネーダーは、天真爛漫(てんしんらんま... 続きを読む